つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 反動
2012年 05月 28日 |
a0062697_23421196.jpg

Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.3.0
LAMY Safari =EF= / pelikan Blue Black
songs



年に1回やる比較的大きな調査ものを半日程度で片付けるという予定を立てる。
エクセルで基本データを作って、それをシステムに吸い込ませて終わり、なはず。
今年からは、データ作りのための支援ツールというものが配布され、それで生成したデータしかシステムでは受け付けない。なんだかなあもう。
じゃあ支援してもらうしかないなということでダウンロード。
PDFのマニュアルが90ページばかり一緒についてきた時点でさらに嫌な予感。
読まねえよんなもん。
で、半日やったけど結局動かなかった。さらに残業するも、やはり動かなかった。

・・・最近、こういうのばっかりだ。

そんなのだったら、遅れてやった方がなんぼかまし。
締め切り間際に見てみたら「支援ツールの再々修正版の配布について」なんてメールが入っていたりするんだきっと。
それまでの間、あれーなんだこれーこれでいいのかあれこっちかと長時間格闘して(結局ムダで)、あれーやっぱりちゃんとマニュアル読まないとダメかと長時間かけて読んだりして(結局ムダで)多くの人たちが時間をドブに捨てるのであろう。

文書管理の新しいシステムが入り、片っ端から文書をデータ化して属性などを登録するという作業をこないだやった。新しいシステムなので、今までの文書も登録しなければならない。小さなワタシのカイシャでも、2000近くの文書がある。それで、一つの文書を登録するのに100近くのチェックボックスをクリックしなければならず、メニューの階層をたどるにもやたらとクリックを要し、終わった頃には右指が痙攣を起こすようになった。今でもたまに起こる。
珍しい文書なんてないのだから、なぜ「全選択」のチェックを作ってくれないのかと恨んだ。せめて分野ごとのチェックでも構わないのに。

反動が出て、予定表とかメモとか(社内の)メールだとかは、極力やめた。
仕方ないのは除き、全部紙とペンにした。
ペンはわざわざ万年筆にした。以前買ったLAMY safari(シャシンの白い万年筆)用にボトルインクを買ったのを手始めに、ほかにも万年筆を買い足し、ボトルインクも買い足し、使いまくっている。
メールは使わず、付箋紙に用件を書いたら、その人らの机まで行ってpcにべたべた貼り付けとく。
散歩にもなる。