つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 職場がやばい
2006年 01月 13日 |
くたくた。
やばいなーとは思っていたけど,やばいです。

 Aというシゴトがあって,その担当をしていたa君は,最初は無難にこなしていたが,次第にシゴトが合わないという意識が強くなり,うつ病になった。
 変わりにb君がAのシゴトをやることになった。
 b君は能力は十分だとは思うけど,資質上いわゆる変人で,シゴトの失敗が多く,まあそれはいいが,上司が正当に注意・指導するも,「弁護士を呼んできます」と突然言うような人間(アスペルガー症候群だと個人的にはおもふ)である。
 最初のa君は,違うBという仕事を今はしていて,まあまあ合っているのか,症状も良くなり投薬量も減り,冗談を言ったりもできるようになっていた。
 ところが最近,b君の態度や失敗が,カイシャ内で収まりきれなくなり,大大大得意先のブチョウから,わが社のシャチョウに直接クレームが入った。超大事件と言える。
 シャチョウは即断し,a君を元のAというシゴトに戻し,b君をBのシゴトに移すことにした。
 a君は,もともとAのシゴトが合わない上に,b君のやらかした敗戦処理及び敗走に形をつけ,今後の関係修復を図るという,より難度の高い技を繰り出さなければならない状態も抱え込み,トボトボ帰宅しました。
 b君は,自分はなんの落ち度もないといまだに思い込んでいるので,Bのシゴトなんかやりたくないし,やる気もないと憤懣やるかたない状態…。
a0062697_081972.jpg


 
 そもそも,精神的変調をきたしやすい職場ではあるんです。
 メンタルヘルスという言葉がありますが,特に対策みたいのもありません。
 山登りなど健全な解消方法を持つ職員がいる一方で,実勢としては風俗が話題になりやすいようなトコなんです。
 ぐちではなくて,今日の一言は,人事は難しい! 
 小さな職場なので,人事なんて言葉も使わないし,部門もないし,そういうことは普段まったく意識することはありませんでした。ヒトを駒のようにみなして,配置し,生産性の増大,品質の維持向上,満足度の高いクレーム処理など,誰もが盤面での戦いを有利にしたい。自分としては,こういう事態になって,ジブンは人事という考え方に慣れていない! ということを痛感した日でした。大きな会社にいて,長年人事をやっている人というのは,まずどういう考え方をするものなのでしょう。
a0062697_0122970.jpg

by plaster_er | 2006-01-13 23:40 | バタバタな日々 | Comments(0) |