つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ おっし,そうかい
2006年 04月 10日 |



「これどうやってやるの?」

はい,なんたらかんたらあーだこーだというふうにやっています

「なに!普通これはあーたらこーたら」

「ええとですね,以前に何々があって,それであーたらこーたらというやり方で…」

職場の天気は

コレドウヤッテヤルノ の 嵐 ですな。

a0062697_2272679.jpg


職場の職員がやたらと入れ替わりしたものだから,質問の嵐。

ワタシのぜんぜん関係していない分野まで質問されるのはいいとしても,それが何でそうなっているのかと批判まじりに聞かれるのは,ちと,嫌なものだ。
忙しいのに,答えてるのだから,その前に言うことあるような気が。
答えてるだけじゃなく,過去のファイルとか出してきて,他人の仕事を解説してやってるのだけど。

「団塊の世代の退職」というフレーズで検索かければ,きっといっぱい引っかかるのだろう。
ベテランがごそっと去って,真空地帯のようになったわが職場。
覇権をめぐってなのかどうか知らないが,とたんに過去の否定が始まった。

a0062697_21553613.jpg
思うに,団塊の人たちから,マイナス10歳くらいを引いた方たちというのは,どういう世代なのですかね。
団塊の世代の薫陶を受けたというより,上からフタをされていたのが,大量退職によってつっぺが取れて,急にごそごそ蠢きだしたという様にしか見えないなぁ。
大集団に関する属性を,小さな自分の経験から一般化しちゃダメだとは分かるけど,なんかね,そういうことなのかなと,今日のところは思ったわけで。


ワタシは,退職したオジサンたちとは仲が良かったので,さながら「過去の代表者」みたいな感じになってきたな。いろんな分野の現状を聞かれ,それについて説明すると,批判・否定されるという繰り返し。
ちょっと前に,「粛々とシゴトをしたい」とか「うるさい人,という役回りでシゴト」する,なんて書いたけど,そんなんじゃ,ダメみたいな気がしてくる。
もちろん,問題中心的にやっていきたいけれど…
a0062697_2232335.jpg
もしかして,「戦いの季節」なのかっ?