つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 浜益周辺
2006年 06月 03日 |
a0062697_18205018.jpg
山菜があまり採れなかったので,適当に車を走らせました。
別に珍しくもない,たまに行く道です。浜益まで北上して,あとは海沿いを南下して帰るという道。

「たまに行く道」の冬

途中にいた牛。肉牛かな。最近,どういうわけか動物写真が続いているので,ここも撮っておこう。小さいブヨみたいな虫が,大量にまとわりついている。春は大変だ。
a0062697_1821325.jpg


浜益に「黄金山」という変わった山がある。
周囲と関係ナシに,にゅきんとそびえていて,とても目立つ山なのだ。
a0062697_18211815.jpg

登る気はまだないけど,登山道の入り口まで行ってみたい。
気にしながら走っていると,「黄金沢林道」の看板があり,ほぼ正面に黄金山が見える。
ここかな,と入っていくと,ぷつんと道がなくなる。ただ前方に二本の轍だけが伸びていくだけ。
轍の中だけ,ねちゃっとした泥になっている。轍の幅もトラクターのそれらしく,ワタシの車にはきつい。タイヤを取られ,ふらつき,ガガガと底をこする。南無三,早めに停まっておいてよかった。
a0062697_18223430.jpg
 のどかな景色なんですが,こちらは必死。タイヤとホイールハウス内は,泥だらけ。


登山道入り口の駐車場は,混んでいた。
若い人も年配の人も,男性も女性もいっぱいいる(あ,老若男女,ですね)。午前中だけで,30名くらいは登っているのではないか。その中に,記事を書いた人もいるかもしれない。あとで,「黄金山 登山 浜益」って感じで調べてみよう。
自分は登らず。


最後に望来浜とその周辺に行く。
サーフィンしてる若者がいるな。イルカだったら面白いんだが。
上にはパラグライダーが飛んでいる。
望来の崖の上に登り,それらを間近に見る。
おおっ,意外に速い。すーっと音もほとんどせず,直進できるのか。
見てるだけで,スカッとした。
a0062697_18245091.jpg
a0062697_18351128.jpg




明日,たぶん洗車するとは思ふ。
a0062697_18264211.jpg

by plaster_er | 2006-06-03 18:36 | 道 とことこぶーん | Comments(0) |