つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 豊平川 (珍しく) 上流 (少しだけ)
2006年 06月 10日 |


豊平川の源流は,場所としてはこの辺。
絵をクリックすると大きくなります。
はっきり言って,なまら遠い。行った人のページを見ると,登山道がないので川を遡行した上,途中で野営するといった行程。ムリだよなあ。
a0062697_16504644.jpg

ということで,定山渓にきている訳だし,豊平川などをちょっと見てくる。
早朝,ホテルから出発。

ホテルの近くに水力発電所(定山渓発電所)があり,その放水路(たぶん)が,下流側で滝をつくっている。
「白糸の滝」という名前だと看板がある。
日本に同じ名前の滝はなんぼあるんだろうか。
水量少ない。周りの崖がバッチリ法面されていて,アングルは相当限られる。左側に滝より大きいコンクリ柱がどーんとあるので,「縦アングル右寄せ」が無難だ。
a0062697_1713756.jpg
早朝なので薄暗く,絞り込んでスローシャッターを切ることができた。
三脚持って行けば良かった。
a0062697_17132533.jpg

もう少し上流に行ってみる。
うーむ。もう渓谷っぽくなっていて,あまり撮る場所がない。
川幅が狭いので,水勢は強い。周りは,森。かろうじて一枚撮った。カメラは,タオルで包むも,レンズに水滴がついて,雨粒が写りこんだ写真を量産していまう。難しいねえ。
a0062697_17145127.jpg

定山渓ダムの方に行ってみるが,「テロ警戒中」の看板とともに,ゲートが閉まっていて入れなかった…。
やむなく,車写真を撮る。
タイヤが減っていて,ぬれた路面でABSが何度か作動したな。
いつも酷使してますが,壊れないでね。
a0062697_1723437.jpg




猫写真・冬の場合

定山渓は温泉街で,古いホテルや旅館では,温泉が露出配管で送られている場合もある。
当然,その配管は暖かい。
だから,猫が寄り付くポイントになる(大げさ)。

行ってみた。

いやがるいやがる。
a0062697_17371998.jpg

by plaster_er | 2006-06-10 17:38 | 道 とことこぶーん | Comments(5) |
Commented by wonderfullifewith at 2006-06-11 10:50
手持ちでスローシャッター、凄いです。
自分もこの前やってみましたが、三脚無しでは見られるものじゃありませんでした(苦笑)。

定山渓と言えば「猫」ですか。知らなかった・・・。
でも余りまるまると栄養良好な猫はいなさそうですね。
Commented by miu_north at 2006-06-11 21:49
どの猫も目を細めてるw
Commented by plaster_er at 2006-06-12 21:22
EXIFを見ると,F20まで絞ってシャッタースピードが3.0秒,ISO値は何故か情報が失われていて,たぶん200か400でしょう。
完全手持ちではなく,カメラを欄干に押し当てて,タオルで包み,余分のびらびらを更に引っ張ってなるべく動かないようにしてました。ほとんどブレませんが,カメラに傷がつきます。

猫は,冬にもいました。
近寄られて嫌なときは,ことさら伸びをしたり,あくびをするものなんでしょうかね。
Commented by miunorth at 2006-06-12 23:12
朝方、2時間ほど 一眼レフを物色しておりました。
うー、いいですね~。
絞るだけ明るいレンズ・・・。
腕前を上げるのが先なのですが、
なんせ機械大好きなんで・・・(汗)
まずはPLフィルターですかね^^;
毎日ピーカンじゃなくて 嫌になる。
早く真っ青な空が欲しいですね。
Commented by plaster_er at 2006-06-14 12:22
62mmのPL…
失くしちゃって,使用期間はほんのわずか。
緑色(葉っぱ)にも効くということで,春になるのが楽しみだったのに。