つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ みぢかなしょくぶつ オオイタドリ
2006年 08月 26日 |


どこでも生えていますね,ほんと。
と,思っていたら,意外や寒地性の植物で,本州中部以北の分布ということです。けど,北海道では,まったくもってどこにでもある。道路の維持管理作業の一つに除草作業がありますが,その大半は,このオオイタドリを相手に格闘しているようなものだろう。道端のオオイタドリを放っておくと,道々(県道のことですな)レベルでも,繁茂しまくって視界不良から事故が起きかねないくらいです。除草経費たるや,大変なものだろうな。
a0062697_21392192.jpg

刈り倒したオオイタドリをその辺に積んでおくと,硫酸とアルミのイオンなんてものを土壌に漏出させ,なんかマユツバっぽくも感じるのだけど,BSEの遠因になっているとのハナシもあったな。BSEはまあいいとして,アレロパシー(他感作用)はあるようで,オオイタドリの「林」の下には,あまり草も生えないのは確か。
日本や千島・サハリン由来の植物なのですが,その昔シーボルトがヨーロッパにもって帰ったなどと言われていて,今やイギリスの庭園などでは,その駆除に困り果てているらしい。セイタカアワダチソウやオオハンゴウソウの侵入に日本が困っているのと同様の現象みたいだ。
a0062697_21364625.jpg

漢字では「大痛取」と書く。痛みを取る効果があるとかないとか,その辺はハッキリとしない。
ただ,根っこの部は「虎杖」と呼び,漢方薬の原料になるらしい。虎杖が多いので,「虎杖浜」は虎杖浜なんだそうだ。今はちょうど花の季節なのですね。丈が3mにもならんとする巨大な草ですが,花は小さくて,可愛いです。
a0062697_1946049.jpg
なんかねえ,オオイタドリって困ったものだな,と思う。普段,田舎道とか走っていると,なんかに利用できないものかな,なんてたまに思っていた。紙にするとか,食料にするとか,なんかないのかね。

ああ,そう,には,なっていた。食料としては,山菜として食することもできるようで,特に秋田では「さしぽ」といって重宝がられるらしい。ちょっと味は想像できないな,焼きナスのような味らしいが。その他,戦時中にタバコの代用品になっただとか,からからに乾いた茎が焚き付けにイイとか,小学生が工作で笛を作る時の材料になるとか,なにかと細々とした利用法ばかり。

と思っていたら,この葉っぱ,ウニの餌になるというではないか。昆布などの海草が少ない地域のウニに,オオイタドリを試しに餌としてやってみると,昆布を食べるより成長が早いというハナシがあった。これが,一番有効な利用法っぽいぞ。
a0062697_2251557.jpg


ただ,昆布食べてるウニの方が,明らかに美味いと思うのだけど。
味がどうしたとか,その辺のハナシがまったく出てこない。
実験室の水槽なら給餌するのも簡単だけど,あちこちでオオイタドリを刈り払い,葉っぱだけを選別して,大海原にぱらぱらその葉っぱを撒いても,なんか空しそうだな。
昆布が育つように工夫した方が良さそうだなと思う。




ええっと,

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
オオハンゴンソウ(大反魂草)
エノコログサ(狗尾草)


・・・についても調べたけど,もう満腹です。
オオイタドリ同様,今の季節はどこにでも生えている「みぢかなしょくぶつ」です。
a0062697_22114757.jpg
a0062697_22111557.jpg
a0062697_2212832.jpg

by plaster_er | 2006-08-26 22:06 | 北 に くらす | Comments(2) |
Commented by miu_north at 2006-08-26 23:51 x
こんばんは。ウニの件は初耳。でも大成のあわび山荘のあわびはイタドリをえさに養殖されていると聞きました。
えさの確保が簡単で、成長が早いらしいです。
そりゃ 昆布取るより楽ちんだわね~。

先日のとうきびはハニーバンダム?今日は夢のコーン・・・。
私が昨日食べたのは、一番ポピュラーなピーターコーンです。
Commented by plaster_er at 2006-08-27 22:43
オオイタドリの葉っぱって,けっこう虫に食われて穴開いてますね。
ウマイのかもしれません。勝手な想像ですが,オオイタドリを食していたウニやアワビって,えぐみがあるんじゃないかと勝手に想像してしまいます。味が変わらないのなら,なんともイイ話だと思います。
茎の部分は,カラカラに乾いて,春先の浜辺に大量漂着しているのを良く見ます。人知れず,海の生物の餌になっているのかもしれませんね。