つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ みぃ しす 猫の系譜
2006年 08月 28日 |


実家の飼い猫が死にました。

病名とかは分かりませんが,老衰なのでしょう。
26歳?,24歳?いや正確な年齢は不詳です。
たしか,若かりし姉がガソリンスタンドで拾ってきてしまい,それで飼い始めたのではなかったか。
みぃが来てから,数えてみれば,ワタシは7回も引越ししたな。
メス猫です。
a0062697_22225145.jpg
     7/23 18:30 最後のみぃ写真

みぃを拾ってきた当時,クリというオス猫を飼っていて,今思い出しても惚れ惚れするような立派な体躯の猫だった。界隈では一番強い猫で,みぃはクリの庇護を受けてずっと生きてきたのだったな。めんどうもよく見ていて,クリはちっちゃい乳首をみぃに吸わしてやっていたっけ。なんも出てこないのだろうけど。みぃは,オトナになってもタオルをもみもみする動作を続けていたな。乳房を押す動作の名残なんだと思う。

クリが突然死んでからは,腑抜けみたいになっていた。「外に出ない猫」になったのだ。「嫌な顔をする猫」になったのだ。

しばらくして,経緯はよく分からないけど,モモというペルシャ猫を姉がもらってきた。
みぃはモモを気に入らないらしく,面倒も見ないし,近づけば猫パンチだ。
モモは,ぜんぜん温和で,抵抗はしない。
モモは確か16歳。ずーっと同居してきた訳だが,それとない関係を続けてきたらしい。
しかし,夜中にトイレなどに行ってふと見ると,暗闇の中2匹でこっそり遊んでいたり,密着して寝ていることもあったということだ。表向きは,お互い無関心といった様子なのだけど。

今,モモは,みぃがいなくなって,寝込んでると聞いた。


オマエの死目には立ち会えなかったけれど,ずっといてくれて嬉しかったぞ。
何か,ワガヤもこれで一区切りついてしまったという感を強くする。
by plaster_er | 2006-08-28 22:20 | Comments(3) |
Commented by miu_north at 2006-08-28 23:48 x
優しく見守ってくれる人たちがいて、ずいぶんと長生きできたんですね。
きっと幸せだったと思いますよ。
Commented by plaster_er at 2006-08-29 23:13
胃腸が丈夫だからこその長生きだとハハは言ってました。食欲旺盛,狩りするがごとく人の食べ物を狙う,というところはありましたけど,別に医学的根拠はないのでしょう。

喪失感もあるのですが,ハッキリとしたものではなく・・・。早くも日常に埋もれつつあるようで。
こういう時って,じわーっとぼんやりとした気分が続いて,いつかしっかりケリをつける日が来るんじゃないだろうか,なんて思います。
Commented by wonderfullifewith at 2006-08-30 08:03
うちも近そうな雰囲気を醸しつつ、しぶとく頑張ってくれています。
何時も「死ぬ気で長生きしろ」と言っています。