つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ あるひととき
2007年 07月 11日 |


いぬだ。
まっくろいいぬ。
おおきないぬ。
としをとったいぬ。
としをとったおおきなまっくろいいぬ。
a0062697_21263238.jpg
口が,ぱかっとあいていることが多い。
目がちいさく,ほとんど見えない。目が見えないと,ずんぐりとまっ黒い,得体の知れない感じ。目が見えると,思いのほか小さくて,かわいい。
a0062697_21293224.jpg
おじいさん「そんな汚い犬撮とってんのかい。良かったなぁーお前。」
ワタシ「立派な犬ですね,一瞬樺太犬みたいに見えました」
おじいさん「あーほれ,後ろに猫もいるわ」
ワタシ「! あっほんとだ」
a0062697_21385592.jpg
ちらっとワタシの方を見る。しかし,あまり関心はない様子。猫の方が先にワタシがいるのを分かった上で近くまできているので,ワタシが気がついたからって,別に今さら距離を取るでもない。
a0062697_21391425.jpg
ぴたっと座り,じっと集中しはじめたなと思った瞬間,駆け出した。
a0062697_21422455.jpg
向こうからカートを引きながら歩いてきたおばあさんのところへまっしぐら。
a0062697_21425143.jpg
おばあさん「ちゃんと待ってるんだわコレ。(猫はおばあさんの足にベタベタからみつく)ホラ邪魔だ行け行け,歩けないべ。(握り拳で大きさを示して)こんな小っちゃい頃からいるんだわこの野良。150円の粒々(キャットフード)やったら,オレが1ヶ月入院してた後も覚えてたわ。ふだん魚の骨やるんだ。オラオラ歩けないべ。行くべ。」
ワタシ「<各所で相づち>」
a0062697_21474658.jpg

a0062697_21482044.jpg
おばあさんは,良い言い方が浮かばないけれど「ゴミのおばあさん」なんだろうな。押しているカートは,必要なものが入っているのではなくて,拾ったものが入っている。「魚の骨」は,近所の食堂のものだろう。別に誰に迷惑をかけるのでもなく,そういうことをしているおばあさんなのだろう。猫も,そういうおばあさんを慕っていて,夕方のこの時間になるとこの辺で,おばあさんを待つのだろう。
a0062697_21483527.jpg
おばあさん「オラオラ もごもご・・・ (遠くて聞き取れない) 」
ワタシ「 さ よ う な ら 」。





YES MY BUT にも似たような写真をUPしました。
a0062697_2284049.jpg