つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 浜メモ
2007年 10月 16日 |
a0062697_2355614.jpg
多分に自分用メモ。

気色悪いハナシなので以下クリック注意。




・・・

お題。
例えば浜を歩いていて死体を発見したらどうするか。どうなるか。
さらにそれが外国人だったらどうするか。どうなるか。

警察に通報する  。
以上。

・・・その後・・・

警察は死体を見分する。
(犯罪被害者っぽかったら,刑事訴訟法に基づき検視する)

死体取扱規則により,着衣や所持品などを警察は調べ,身元調査をする義務がある。
そのうち,身元が判明したとしよう。
(ホッ,どーやら借金苦による自殺のようで,犯罪ではない)
(しかし身寄りがない・・・)

ウイーン条約加盟国の外国人だったらその領事館に通報。
しかし,領事館は,これがたいてい引き取らないのだな。

受取人がいない死体は,戸籍法により検死調書を添えて,死亡地域の市区町村に引き渡すことになっている。
市町村では,基本的に火葬し,無縁仏として僧侶が供養する。
たまに,自治体議会の役職者などがお参りする,と。

(火葬禁忌国のヒトだったらどうするんだろうか)
a0062697_0201124.jpg




まあ,警察に通報するのだな。あとは警察が動く。簡単だ。
しかし,ソレが波打ち際で寄せられ戻されしていて,なにかすると沖合いにまた戻っていきそうな感じで,腰を抜かしつつ警察に駆け込む(あ,携帯もってりゃそんなに悩まないか)間に,すっかり沖合いに流されてしまい,警察に迷惑がられたり,あるいは逆に海上保安庁とかの船舶やらヘリコプターやらが大捜索した上に見つからなくて,白い目で見られたりしちゃうんじゃないだろうか。事情聴取されて,胡散臭い目で見られるんじゃないだろうか。
そんな普通,浜をぶらぶらするなんて不自然だ,と疑われるんじゃなかろうか。

そう考えると,勇気を振り絞って,地引網よろしくエンヤッとソレを波打ち際から陸に少しでも上げておいたほうがいいんだろうか。
・・・コワイ。

石狩に無煙浜ってありますね。
昔は,無縁浜っていう字を書いて,海流と地形だかの関係で,ソレがよく漂着する場所だった,というハナシがありますね。今では,原油が滲み出る場所であることにかけて,「煙」の出「無」い燃え方をするものが出る浜ということで,「無煙」の字を当てたらしいですが。
この浜のことをアイヌ語では「フラトマリ」。「臭い浜」という意味のようです。
ソレが臭いのかもしれないし,原油だからもちろん石油臭いということもあるし・・・,どちらが本当の由来かは,今ひとつ分かりません。