つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ おはなし
2009年 02月 23日 |

普段ジブンは津軽塗の箸を使っている。
黒地に、あの独特な唐塗の模様が金色や藍色に浮かんだもので、とても美しい箸だ。

もう10年以上は毎日使っている。
にもかかわらず、その模様には少しも剥げがなく、箸先もほとんど欠けていない。
津軽塗りの箸は、見た感じは何かツルツルとし過ぎているような気もするけど、実際はとても使いやすい。
いかにも男性用の大きなもので、食事運びのお手伝いをする小さな娘でも、すぐ「お父さんの箸」と分かるようで、間違いなくきちんと並べてくれる。
非常に高価なものではないはずだけど、結構いいものなんだと思う。a0062697_18423100.jpg

これは、新潟県のどこかの町で難儀していたジブンを泊めてくれた片目の怖い人に、お礼をしたいと思って買ったものだ。
すぐに買う金はなかったので、しばらくしてから買ったものだと思う。しばらくしないと買えないくらいの値段だったということでもある。


それなのに、箸はジブンが今使っている。
結局送らなかったということだ。


箱に入って包装もしてあるまま、数年が過ぎた。
それを見た母か妻に、これは何?と聞かれたこともあったように思う。
ちゃんと説明したのか、やり過ごしたのかは覚えていない。
そして、もうその人の住所も名前も思い出せない。



こういう、ジブンの薄情さというか、もたもたしているところとか。
箸を使うとたまに思い出す。
すこし、ひりっとする。