つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 興部の風車
2009年 03月 18日 |
a0062697_22593912.jpg

興部町にあるデウインド(ドイツ)の650kw風車。
ま、カラーリングに違いがあるだけで、厚田に建っている2基と同じメーカーです(厚田のは450kwと少し小さい)。
支柱高36.5m、ローター直径46m。設備利用率は調べたけど分からない。
オホーツク海を見下ろす丘陵地帯の上に1基だけあって、すぐ近くの農業(研究?研修?)施設に電力を供給し、残りを売電しているようだ。
これは一昨年に撮っていたもの。まだここに載せてなかったかなと急に思い立ち。

道南の日本海側には、思ったより風車が多いようだ。
寿都以南を道南とすれば、島牧村に6基、せたな町に10基、江差に30基(ちょっと前に載せた28基からなる江差ウインドファームのほかに、別会社の2基がある)、上ノ国町に2基、松前町に4基と、切れ目なくある感じ。
確かこの地域は、建築基準法の基準風速が他の地域よりも大きく、風車の立地としてはベターな地域なのだ。遠目で見たものもあるけど、今後は同じような構図で撮って、道南コレクション(?)を完成させようかなと思い立ったというわけで。
そんな、精力的に見に行くというのではなく、なんとなくぶらぶらドライブの指標になるかもしれないなという程度のことだけど。

ただ、このコレクションは完成しない可能性が高い。
松前の4基のうち1基は、松前小島にある避難港の灯台用電源だからだ。
立ち入りには文化庁やらの許可がいるらしいし、漁船をチャーターして松前から1時間半というのもハードだ。
・・・じんせいのテーマということにしておこう。


by plaster_er | 2009-03-18 23:58 | 北 に くらす | Comments(0) |