つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 濁川カルデラ
2009年 03月 23日 |
a0062697_2128664.jpg

シャシンは、濁川カルデラ。高校地理でも、かすかに習います。
一番小さなタイプのカルデラで、それそのもの「濁川型」という分類の由来となっているカルデラです。
単成火山(ただの一発だけやんわり噴火した火山)の痕跡だということです。直径2kmほど。
せっかくだから、上から眺めたいものだと思い、林道に上ってみました。
車の下回りをガキガキと打ったり、雪解け水でねっちりとした泥道を進みながら、外周の山に上ってみると、なかなかいい景色でした。
国道5号線から道道778号がカルデラに向かって5kmほど伸びており、穏やかにカルデラ崖を上り下りするとカルデラに至り、道道はそこで終わります。先ほどの林道をさらに進んで崖を下ると三岱というところに続いているようです。ここはインターネットにも載っていない地域なので、いつか行ってみたいと思う。

カルデラ内は、地熱が高いので、それを利用した温泉、ビニールハウス、北海道電力の地熱発電所があります。
普通の農家などにも、作業小屋の横に泉源らしき土管やポンプを組み合わせた装置が置かれています。
どこを掘っても温泉が出るそうです。
不思議な空間でした。