つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 焙焼炉  トンネルキルン
2009年 07月 04日 |
a0062697_2246693.jpg
上ノ国町石崎 旧中外鉱業上国鉱業所 浮遊選鉱焙焼炉(トンネルキルン)




a0062697_2250199.jpg
a0062697_22504653.jpg
a0062697_2251737.jpg
a0062697_22512626.jpg
a0062697_22514116.jpg
a0062697_22515190.jpg
a0062697_22515949.jpg
a0062697_22522014.jpg
a0062697_22522828.jpg
a0062697_2252506.jpg
a0062697_2253062.jpg
a0062697_2253858.jpg
a0062697_22531732.jpg
a0062697_22533966.jpg
a0062697_225348100.jpg
a0062697_22535973.jpg
a0062697_22541863.jpg
上ノ国町の山奥にて。
一部良い子は真似しちゃいけません的なことも含む

by plaster_er | 2009-07-04 22:55 | 北 に くらす | Comments(3) |
Commented by ポコ at 2009-07-05 08:12 x
ドモ

ナイスフォト!
こういうの・・・ホント探険したくなるなぁ。
Commented by wonderfullifewith at 2009-07-05 12:09
トンネル、ワクワクします。
昔はこういうところを「秘密基地」って言って楽しんでましたよね。
Commented by plaster_er at 2009-07-05 22:17
掘淳一さんっていう方の本に載っていたところなんです。
93年10月に訪れた時のことが書いてあるんですが、だいぶ植生が違います。
ズリ山の下には大きな水溜りがあって、ズリの量も少なく、植物も少なくキルン炉の根元まで見えている写真が載っています。
堀さんは「ロケットだ!」と驚くわけですが、その時に比べて今はロケットも半分くらいしか見えなくなっているという感じです。上部と中腹の木造構造物ももっと形をとどめていて、インディアン砦みたいです。

ワタシは、なにかカンボジア密林のアンコールワット(!?)っていう感じを受けました。