つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 遊楽部川
2009年 11月 07日 |
a0062697_23333790.jpg
Nikon D3 / Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D

ムスコのリクエストに応えて午後から遊楽部川(ユーラップ川)まで鮭の遡上を見に行ってきた。
ほんとにいるのか半信半疑だったが、群れをなしているとまではいかないまでも、ちらほらとはいる。結構下流でも産卵行動と思わしきことをしているのが意外だった。上八雲の方まで行ってみたが、そちらではたった1匹しか見なかった。
川の上空にはカラスやらトンビやらが飛びまわっている。ある橋の下には遺骸やほっちゃれがたくさんあり、何か(腐った)サケのマリネのようなにおいが周辺にたちこめていた。

 ほっちゃれ 
北海道の方言で、産卵を目指し川に登り体は傷つき、脂身も無くなりヨレヨレになった鮭のこと(同義語:ブナ )。
食べてもあまり美味しくなく、捨てるしかないことから「ほっちゃれ」と呼ばれるようになった。


上流に移動し、川沿いに出た。ムスコは何故かスケッチブックを取り出して描き始める。
スケッチ、と言うより、脳内にある鮭のイメージを描いているようであったが。ワタシはシャシン。撮るのは非常に難しい。





a0062697_2333583.jpg
a0062697_23173039.jpg
a0062697_23173856.jpg
a0062697_23174529.jpg

by plaster_er | 2009-11-07 23:35 | 北 に くらす | Comments(2) |
Commented by chigusano at 2009-11-07 23:47
 鮭の泳いでいる姿みるの 初めてです。
意外とほっそりなんですね。

御子息の絵にとても興味があります!
Commented by plaster_er at 2009-11-08 16:47
アラッと驚くくらい街中の川なんかにも鮭が上って来ることがあります。
シャシンのは、水のレンズ効果で細くなっているということはありますが、
確かにそれほど充実していているわけではなく、へとへとになった体をしています。

ムスコの絵は完成していないようです。
さっき見たら、鮭のほかにもいろんな種類の魚が描きこまれて、収拾がつかないようです。