つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 気になると言えば気になる
2009年 12月 09日 |
a0062697_2340372.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


ニコンの標準ズーム AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED。けっこうお高めなやつです。そろそろ買って1年くらい過ぎようとしていますが、ブッシュ政権末期のドル安時に買ったので、お得なことはお得でした(最近またドル安ですね)。

↑ こういうふうに、なんの工夫もない写真を撮るんですが、ワイド側の24mmは、こんなにも歪みます。
35mmくらいからは気になりません。
だったら歪みが気にならない焦点距離で撮れということなりますが、けどこういう場所は、空間につられるままにワイド端でこんなふうに撮りたくなる、と言うか撮らされちゃうじゃないですか。わざわざ床のタイルの数を数えて真ん中に立って撮ったのがかえって災いしたという感じ。

一応、ニコンの現像ソフトには「ゆがみ補正」という機能がある。しかしやってるうちに何がなんだか分からなくなるので、普通に使うという訳にはいかない。やりようはあるんだろうけど、そもそも画質に影響が出るのもいただけない

では、FX用の広角ズームが欲しいか、となるとそこまではいかない。
そんな余裕ないのよ最近。



上に載せた画像(横900ピクセル)を「ゆがみ補正」したものです。
天井の造作は、茶色のパンチングメタルなんですが、補正後のものは穴がまったくわからなくなってます。
一応比べてみましたが、これはJPEGの再保存の影響というより、補正による劣化です。
元画像(横4284ピクセル)を補正して、それから900ピクセルにリサイズすれば、こんなにも劣化して見えないはずですが、なんにせよ劣化するのには変わりないということです。
a0062697_023485.jpg

by plaster_er | 2009-12-09 23:58 |