つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 大沼のハクチョウ
2010年 01月 17日 |
a0062697_2110948.jpg
Nikon D3 / Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D


昨日の夜のうちに雪かきをしておいた。夜中には降らなかったらしい。
昼から昼飯がてら久しぶり大沼に出かけてみることにした(「梓」のあんかけ焼きそばとカレーパン目当て)。
路面はキレイな圧雪アイスバーン+軽くシャリっと溶けかかった状態で、けっこう走りやすい。
大沼と小沼がつながる地峡部分(セバット=狭戸)は、水の動きが集中しているため結氷せず、ハクチョウやらカモやらが冬になるとやってくる場所だ。どっさりと無料のパンを入れた箱が設置してあり、それをハクチョウにやることができる。なので、餌やりを楽しむためニンゲン(地元系の人・アジア系の人)もそれなりにやってくる場所でもある。ついでにそのおこぼれを狙うカラス多数、上空にはトンビなんかもやってくる。

ここでシャシン、ということになれば、いかにそのカラスが写らないようにするか、ということにかなり気を使わなければならない。
ほんとはカラスとカモだらけで、こういうシャシンを撮ると何かサギでもやらかしているような気がしてくる。

うす明るい曇りの日。雲から陽が差したのは5分もなかった。
とにかく水辺には光、だ。



a0062697_212326100.jpg
a0062697_212520100.jpg

by plaster_er | 2010-01-17 21:26 | 北 に くらす | Comments(6) |
Commented by chigusano at 2010-01-17 21:37
 白鳥の立っているところ 初めて!!!
こんな 足だったんですね! 割と太いと 直感しました(*^_^*)
Commented by plaster_er at 2010-01-17 21:44
そうですね、けっこう足太いです。
飛び立つときは、ドタドタと走って助走しないと飛べないようです。
Commented by myi at 2010-01-17 23:42 x
冬の写真の撮り方を教えて下さい~っ^^;
露出補正‥、WB‥、はたまた構図‥ まったく解りましぇんw
Commented by wonderfullifewith at 2010-01-18 10:27
そういや、白鳥の足って見たこと無いでした。
そしてドタドタ走って助走して飛ぶんですか。
何だか「白鳥の湖」とはちょっと違う感じ(笑)。

で、結局海を渡るのは断念ですか?
Commented by plaster_er at 2010-01-18 23:05
myiさん

「ドイツトウヒ」の写真に関係アリかな。
あれは確かに難しそう。
WBを2例試したんですね。1枚目の方が自然に見えますね。
吹雪の日は雪で画像がクッキリしないので、植物のように複雑なものはさらにクッキリしなくなるでしょうね。
うーん。吹雪か・・・
主要被写体の写りはもう天気に任せて、その背景を+補正しつつ白飛びギリギリまで探っていくと、なんだか茫洋としつつも荒々しさが緩和されていい感じになるような気はしますかね。
→ヘタな作例を2つ今日の記事に貼っておきます。

WBは難しいです。ハイライトのギリギリ付近の面積が広いと、微妙な赤や変な青がまだらに混じるような感じになったりしますし(←くるしみの一つ・・・)
Commented by plaster_er at 2010-01-18 23:13
た様

その場で飛び上がることは無理でしょうね。
結構体重もあるようです。

「しょっぱい川」(と職場で言われてます)を渡るのは、
この間の大雪でフェリーが欠航して中止になりました。

2連休があれば可能ですし、日帰りもなんとか可能ですので、
またいつか機会があればいいなと思ってます。