つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
■ 函館熱帯植物園の猿
2010年 01月 23日 |
a0062697_21431945.jpg
Nikon D3 / Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D

猿のくせに温泉に入りやがって。

湯の川温泉の源泉は水道局が管理していて、どうせならその熱を利用して熱帯植物園でもやろうか、と(たぶん)そんなような理由でけっこう大きな温室があります。
百合が原のように次々といろいろな花を展示しているわけじゃないんですけどね。
ここに猿山(のようなもの)があって、温泉があって、という訳で冬になれば猿がそこに入る。で風物詩的にニュースでもその様子が伝えられる。植木の雪囲いみたいなものだ。

サル山の背景は、ペンキで緑とか青とかの模様が塗ってあり、よほど猿をUPで撮らない限りはシャシン的によろしくない。
余白を湯面にできる冬の様子を撮った方が、背景にくるしまないだけいいと思える。風物詩的だし、不規則に流れ覆う湯気の感じもいい。
しかし撮ってる方は寒い。
猿のいろんな顔を見てたら可笑しくなり、シャッター切るのをやめられなくなってきて、なおさら寒い。

思えば、ジブンの80-200、ずいぶん使ってずいぶんいろんなもの撮ったな。修理も2回した。
そろそろ70-200VRⅡに交代して余生を送ってもいいんじゃないか、と思わないでもないけど・・・いや、まだまだがんばってください。