つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
2006年 01月 09日 ( 2 )
|
|
2006年 01月 09日 |
一通りカメラの説明書を読む。で,
ムスコを伴に,モエレ沼公園のガラスのピラミッドへ行く。
しかし,何この道?
路肩の盛り上がりにより,道がU字断面になっていて,車の挙動が安定しない。
前輪をU字の中腹あたりに乗せ,ちみっとカウンターを路肩側に当てながら,じりじりと前進。えらく時間がかかって,到着。
あちこち撮ってみて,感想などを。

暗いところ
a0062697_18411661.jpg

a0062697_18414347.jpg
 暗いところから撮ってみる。おおっ,フラッシュなしでもさくさく撮れる! 結構きれいだ。Caplioだと,ちょっと暗いと,AFが「迷いまくる」という現象があったけど,ピッと合わせてくれる。ちなみに,面白い形をした照明は,イサム・ノグチの作品です。

にんげんの撮影
a0062697_18452466.jpg
a0062697_1845384.jpg
 これも滅多にブレないで撮れる。結構きれいだ。しかし,Caplioほどではないけど,動いているとピントがずれやすい。(Caplioでは,フラッシュを焚かないで散々な目にあったことがある)。下の寝転がってるムスコの写真は,ピントがたぶんずれています。

風景の撮影
a0062697_1853137.jpg
a0062697_18532772.jpg
 モエレ山(50メートルほどの人工山)で遊ぶ人たちと,夕方近くの木立。山を撮るのはかなり難しく感じた。空の様子も微妙に綺麗なので,そちらにピントをやると,山は黒くなり,山にピントをやると,空は白く抜けてしまう。こういう場面は,今までもあって,ま,そのうち勉強しよう。結局,人にピントをやると,まあまあ良くなった。
木立の写真は,何枚か撮ったけど,実物の方がずっと綺麗で,いかんともし難い感じ。Caplioだと,よほど明るくない限り,細い木や枝は撮っても汚らしいだけだったけど,一応ちゃんと撮れるようになった。

全体的に,感動するほど素晴らしいものを買ったという気はしないけど,もう少し勉強すれば,いろいろ出来るのだろうな,というのが今日の感想でした。
それより,本体やレンズキャップにでかでかとある「Nicon」のロゴ。こういうのは苦手で,カッターで削るか,黒く塗ってしまいたい(恥ずかしいでしょ)。
D50
2006年 01月 09日 |
買いました,NICON D50。
a0062697_12315850.jpg
左 NICON D50 + Ai AF Nikkor 50mm F1.8D(8万円ちょい)
右 RICOH Caplio G4 wide(1万5千円ちょい)
クリックすると大きくなります。


色は,実はオレンジっぽいD50の方が正しい。
Caplioは,見た目よりも枯れた感じに写る。ホワイトオークっぽい床の写り。
松ぽっくりの色は,これもD50の方が現物に近い。
Caplioは,黒が弱い。

と,19インチのCRT(今どき)で見ると思うのですが,webのサイズまで小さくすると,Caplioもやっぱりこれはこれでイイ雰囲気だ。露出を少しアンダーにすればカゲもでそう。今のところ,大差なし。
a0062697_1418058.jpg
a0062697_14184193.jpg
いずれも左がD50,右がCaplio。
クマさんの絵のCaplioは,ホワイトバランスをいじって,少し赤みを強めてみた。
こう見ると,ブログ程度で,被写体が止まっていれば,何使っていても,大差ないなあと感じました。これから,ちと外に行って撮ってくるかあ。
a0062697_1641254.jpg