つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 08月 31日 |
ご近所さんからもらったとうきび。八列キビ ともいう。

妙に細長く,きっちりと列をなした実。長すぎてナベに入らない。
皮は硬く,みっちりもっちりとした食感。ああ昔のとうきび,という味です。
店頭や,田舎の直売でも,ちょっと見たことはありません。
もうちょっと塩をキチッと効かせればよかった。

これの対極なのが ゆめのコーン という種類。
R275(北海道)を札幌から月形に向かう途中にある中小屋温泉近くの直売で最近買いました。
話には聞いていましたが,生で食べてもいける。じゅうしぃ。甘っ。

a0062697_12431486.jpg
どうでもいいですけど,夏からこの時期にかけて,車を運転しながら
とうきびを食べている人  もしくは
ソフトクリームを食べている人 をたまに見かけます。

まあ,ドライブのお供ではありますが,安全運転であります。
2005年 08月 30日 |
夜勤明けで家にいた一日。

少しうつらうつらと寝て,キンカンを塗り(よく虫に刺される),ムスメのオムツを買っただけであります。
a0062697_11503079.jpg

H17.8
2005年 08月 30日 |
a0062697_21242523.jpg
a0062697_2124336.jpg

by plaster_er | 2005-08-30 00:00 |
2005年 08月 29日 |
ちょっと前まで使っていたリコーのデジカメであります。
壊してしまいました。
北海道・阿寒湖のやや近くに,「螺湾」という場所があり,ものすごく大きなフキが育つことで知られたところです。
季節外れにそこに行って,このカメラで写真を撮っていたのですが,
液晶画面を見ながら撮っていたのがバカだった。
カメラを持つ手に でかいウシアブが ぴっ と止まった。3センチ(?)近くある。

わ!と のけぞった。a0062697_123459.jpg


ストラップに手を通していたので,落としはしなかったものの,
手の甲にレンズが当たり,もう起動しなくなった。
ファインダーを見て撮っていれば,余計なものを見ることもなく,こんなに驚かなかっただろうな,と以後は反省。
ただの黒プラスチックのボディで,不細工そのものだけど,マクロが優れていて,よくミニカーなどを撮って遊んだ愛着のあるカメラ。有料修理をあきらめ,強引に直し,今は単焦点レンズをつけたカメラのようになっています。それでも,たまにちょこっと使ったり。ピントは合いませんが。

最後の画像
a0062697_1237383.jpg

2005年 08月 28日 |
北海道の話です。
月形町は,札幌から1時間程度北上したところにある町です。
そこに,ポンスベツ林道という,面白い道があります。浮きジャリとフラットダートで,まあまあ走りやすい。
一人で乗ってるぶんにはいいですが,
人を乗せると車の腹を何度もこすります。
ここは,ポンスベツ川と道が並走する形なので,
まず,植物がいろいろあって楽しい。パシャっと適当に撮る。
次にだんだん道を覚えてくると,走るのが楽しくなる(と言っても安全運転)。
春は,ウドとフキがやたらと生えている。一族郎党の分まで採る。 

ある日,山菜を採りにいった時のこと。
アブやらブヨが多いので,カッパを着て防虫ネットを頭からかぶるというフル装備で開始。
どっさりと採って,車に戻り,山菜やら汗だくのカッパやら車のキーやらをトランクに放り込んで,ばたんと閉めた。

要するに キーの閉じ込め であります。

携帯はとうぜん圏外,通る車もありません。
徒歩で里まで降りるか,車のガラスを割るか…凹んだ気持ちで長々と考えました。
その間,拾った番線でロック解除を試みるも,車上荒らしの素質はなかったようで,ブヨにあちこち刺されるだけ。
意を決して,石をリアクォーターガラスに向けて振り下ろしたのは,2時間はたってからでした。
瞬間,心臓どきどき,アドレナリンどばっ。

しかし ガラスって ほんとうに割れない

ばいん! と石が跳ね返される。当たった場所は,わずかに曇ったようなキズがついた程度。
ばいん! ばいん! ばいん! ばいん! 
a0062697_1153553.jpg
… …その後数日の間,握力が失われました。
最初の一撃のあの感触は,今でも思い出せるようであり…
2005年 08月 27日 |
 セイタカアワダチソウとススキの戦いa0062697_12262225.jpg

 ススキ優勢地域

 写真撮影場所:石狩川河口付近(とボンズ)
2005年 08月 26日 |
このところ,妙に鼻がむずむずします。

小学校時代,網走から札幌に引越しした時,
花粉症のようなひどいアレルギー症状に苦しめられました。
都会の空気が合わないことと,セイタカアワダチソウなどの草が合わないのではとお医者に言われたような記憶があり,よく親に草むらに入るなと言われていました。
体質改善の注射を数年続け,以後今まで,セイタカアワダチソウはやばい,と。

調べてみると,なかなかこの草はおもしろい。

北米原産のこの草はススキと競合するらしい。ススキを駆逐するのに,他の植物の成長を阻害する化学物質を分泌するという技をつかう。
これをアレロパシー(他感作用)というとか。
しかし,完全なる勝利の後は,自分にその作用が向けられて成長が阻害,じわじわ伸びて制空権を握って太陽を独占したススキが再び優勢に,ということもあるらしい。
日々戦いだなあ。


セイタカアワダチソウ all goldenrod の群生する道端
a0062697_1217614.jpg


で,アレルギーとの関連について。

どうやら,あまり関係はないらしい。
風媒花ではなく,虫媒花だからというのがその理由。
たいして花粉は飛ばないのだ。
今まで,変な濡れ衣を着せられていたということになる。
そうかなとも思うが,製薬会社やコンタクト会社のHPでは結膜炎の原因のひとつとも書いてある。

うむ。a0062697_12232371.jpg

思い浮かぶのは,花ではなくて,その後の,ふわふわ毛棉状の姿が関係していたか,ということ。(花の後なのでそれが実ということになるいかにも鼻がむずくなるようなその見てくれに,埃の連想などが働いて,鼻がむずむず,ひくひくと反応していたか)。

アレルギーについて,この草はシロだと思って,今後も観察します。
2005年 08月 25日 |
4~5日に一度夜勤がある仕事をしています。
26時間働く間に,細切れで4時間ほどの休憩がとれますが,
体力と気力と生き残る知恵(手抜き?)とストレス耐性が必要です。

仕事明けには,まず足を洗います。丸一日靴を履いていると,さすがに…
であります。あとは寝ます,といきたいところですが,たいてい子守をします。

ベランダで,こんなことをしていましたが,寒くてすぐに中止でした。
a0062697_1274465.jpg

2005年 08月 24日 |
道央道上り,北広島ICの近くの 看板 (高速道路です)。

札幌とミルウォーキーとマルセイユが同緯度だと。ふむ。

ん?

札幌とミルウォーキーとミュンヘンが,ビールが有名で,同じような緯度にあるというのは聞くはなしですが。

マルセイユ… 赤ワインという感じがします。

夏も終わりかな,と感じる一日でした。
a0062697_23245764.jpg

2005年 08月 23日 |
札幌は終日青空,なんともさわやかな晴天でした。
その青のイメージが強烈で,
帰りの夜空を見上げても,
どことなく青っぽく見えました。

月 Kuu
a0062697_1213872.jpg