つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2005年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 12月 31日 |
a0062697_1831827.jpg軽くシゴトして,
今年はおしまい。
やれやれ。
明日もシゴトだけど。


朝方,天気が良く,
日の出が見えた。
豊平川沿いの白石清掃工場のシルエット。

やっぱり炉を落とすことはないんだろうな。朝っぱらから煙が出ている。

a0062697_1835578.jpgすっぽり雪に覆われた河川敷に,きゃつらの足跡を発見。ええい,見てやる。雪をラッセルして,足跡に近づいてみる。?なんだかやっぱり分からない。足跡というより,体の跡というように見える。



ふうふう,疲れる。



自分の足跡も,くっきりと雪原に残してきた。
向こうの豊平川から立ち上っているのは蒸気霧です。「けあらし」ですね。川に沿って,ずーっと出ておりました。
a0062697_18465979.jpg

2005年 12月 30日 |
 ぶーんと車を走らせて,望来浜へ。
a0062697_16355387.jpg
 うぇっ,すごく雪が積もっている。ラッセルしながら,浜にたどり着く。波が来ていないところは,雪が積もってしまった。波打ち際だけしか歩けない。しかし,人が汗かいてたどり着いたと思ったら,浜に何かののあとがついている。こりゃ橇を引いた跡だな。しかも,それなりの重量がかかっていると見え,アップダウンにもバウンドして跡が途切れる様子がない。いったい何を運んだというのでしょう。謎だ。
a0062697_16521669.jpg
 ゴミはないのか,雪の下なのか,ほとんど目に付かない。礫岩が多い。瑪瑙やシーグラスも多い。今日は,いつもより陶片が目立つ気がする。ちょっと可愛いのがこれ。たまたま,「福(福)」の字だけがカケラとして切り取られた陶片で,なんとも面白く,縁起がいい。
a0062697_16582492.jpg
a0062697_16583485.jpg
 ずっと前から横たわっている流木が,望来川にせり出しているせいで,不思議なツララを形作っていた。風・水・雪・温度などの作用でこうなるんだろうけど,どうしてこういう形になるのか,ちょっと考えてもぱっと思いつきません。きれいでした。
a0062697_1751766.jpg
a0062697_176655.jpg

2005年 12月 30日 |
 雪道を行く。高岡から石狩へ。
a0062697_1654288.jpg
 除雪はされているけど,誰もいない。たまに,スノーモービルを牽引したRV車が停まっているくらい。
a0062697_16124671.jpg
a0062697_16125919.jpg
 今日は道すがらの木を撮ってみた。いろいろやってみたけど,「立派」な木は,実際に撮ってみると,枝とかたくさんありすぎて,よく写らないことが分かった。枝ぶりの寂しい木の方がしっかり写る。あと,空とか太陽が後ろにくるようにすると,枝が黒くなって,形がよくでるようだ。

 高岡の道端にあった標識。黄色なので,警告標識の一種だが,吹き付けた雪でよく分からない。なんとなくアレだろうな,と思いつつ,手の届く範囲の雪を払ってみる。
a0062697_16204170.jpg
a0062697_16205251.jpg
 やっぱり牛さんの横断注意,か。一瞬,高松塚古墳の壁画に質感やらタッチが似ていると感じ,ドキっとした。
 高岡地区では,かつては酪農が中心だったようですが,今は野菜などの畑作が中心になっているように思えます。こうした看板は,点在するサイロとともに,過去の痕跡といったものなのでしょう。
 あ,で,望来浜に行ったのです。
H17.12
2005年 12月 30日 |
a0062697_1842555.jpg
a0062697_18421527.jpg
a0062697_18422131.jpg
a0062697_18422825.jpg

2005年 12月 29日 |
くどくど の続き。
a0062697_21595216.jpg
 ・ 一眼のカメラを天下の往来で取り出して使うことの気恥ずかしさをクリアできるか。
・ 海の写真が多い。水分やら塩っ気やらに曝されて,大丈夫なものか。
…という問題も目をつぶり,とりあえずレンズを選ぶ必要がある。明るくて,安いレンズが良い。

ズームレンズ
 Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28~70mm F2.8D
 Ai AF Zoom Nikkor 35~70mm F2.8D
 Ai AF Zoom Nikkor 24~85mm F2.8~4D

単焦点レンズ(ズームができないレンズ)
 Ai AF Nikkor 35mm F2D
 Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
 Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

 ズームレンズはダメです。高すぎて。7万円くらいする。そんなもんなんですねえ。一方,単焦点は安い。35mm F2Dが約3万円,50mm F1.8Dが17,000円だ。あとは,ズームの必要性があるかどうか。…あったほうがいいなあ。けど高い。安いものもあるけど,それだとレンズが暗くなる。 
    ++++++++++++++++++++++++++++++++

 ふと思い出して,学生時代のアルバムなんぞを出してみた。
 やっぱり。
 今と,ほとんど撮るものが変わっていない。
 これなんか,今日撮ったと言ってもぜんぜん違和感ないなあ。
a0062697_2261956.jpg
 この時のカメラは,メーカーとかレンズとかは覚えていないけど,ズームなんかできなかったという記憶。
 うん,安い単焦点でいいや。
 Niconの Ai AF Nikkor 50mm F1.8D に決定。


(おまけ)最近撮った写真。
a0062697_22254532.jpg

 
2005年 12月 29日 |
 リコーのCaplioG4の後継として,デジカメを買い換えたく,あーだこーだと一日考えて,ひとまず3種類が候補となる。費用は,家計からですが,パソコンを買って半年ばかりたち,そろそろほとぼりも冷め,言いやすいタイミングでもあるし,Caplioを買った際は自腹でもあるし,外堀は埋まった!と勝手に考えてのことであります。

      +++++++++++++++++++++++

 まず,ニコンのD50。一番安いデジタル一眼レフであります。1万円キャッシュバック中で,現在の最安価格5万円。性能はよく分からないけど,メディアはSDカード。Caplioと同じなので買い足す必要がない。いかにも一眼というデザイン。感懐はない。
a0062697_19173094.jpg
 次はcanonのPowerShot S70。ちょっとかっこいい。シゴトでS60を使っている関係で,親近感あり。メディアはCFカードで,こりゃ買わなきゃいけないけど,そう高くはない。最安47,000円程度。バッテリーの持ちが今ひとつという話がある。
a0062697_19174683.jpg
 最後にリコーのGR DIGITAL。なんか,以前GRなんとかという光学系の名機があり,それのデジタル版ということで,なかなか高価。最安68,000円くらい。よく写りそうという感じだし,形もそのおいたちも渋くてかなり好き。SDカード使用,caplioと同じメーカーということで,安心感もある。ところで,リコーの社名ロゴってデザインが変わったのですね。パイオニアのそれが変わったときと同じくらい変だと感じた。
a0062697_23503612.jpg
 予算は,まあ大丈夫でしょう。まず問題は大きさ。D50はでかい。これに我慢なるか。カメラはそもそも持っていなければ撮れないのだ。しかしシゴト中に自分の興味で写真を撮ったりは決してしない。写真を撮るというシゴトはあるけども,私物を使用する気もない。大きさは,ひとまず問題外とする。
 どれがよく写るか。どれもよく写りそうだけど,S70は,今までもっていたものの延長上という感じがかなりする。なんとなく予想もつく。感覚的に,canonのデジカメは,かなり鮮やかな印象を受けることがあった。ツマの実家がPowerShotのなんとかで,もらったコドモの写真はかなり鮮やか。…んーちょっと好みじゃないな。
 caplioは,(ウデの話は措いておいて)予想以上にきれいに撮れたことが一度しかない。まあ,それは良いけど,それに不満があるから買い換えたいという話が出たのであり,安易に同じリコーにしていいのか。GRとCaplioは比べられないと思うけど,違うメーカーのものをいじってみたいというのも大きい。特に好きなメーカーがあるのでもないし。

…くどくど くどくど
2005年 12月 28日 |
 毎年遅いけど,やっと年賀状を作り始める。
 住所録はその都度更新していたので,ちいさな訂正程度で済んだ。
 表面について,はじめに以下のようなものを作ってみた。カゾクと石狩浜の情景を全面に配して,細身のレタリング,やや慇懃で長いあいさつ文の組み合わせ。
a0062697_21231156.jpg
 が,ツマからダメ出しが。一族郎党の多いツマの親族から,なんでコドモの写真をはっきり載せないのだ,と後で「私」が文句言われるんだからね!と言う。ははあ,それもそうだ。
 じゃ,ガキんちょの写真をハデハデに載せたコテコテの年賀状づくりに方針転換。
 でもなあ,やってるうちに,やっぱり地味めにしないと気分が良くない。
 で,こんなもので手を打つことになりました。
a0062697_21232646.jpg

2005年 12月 27日 |
a0062697_0253923.jpgひたすら働きます。
今年最後の夜勤。
来年は1日からです!
2005年 12月 26日 |
阿蘇岩山
 旧石狩市域の最高峰であった山です(正確にはやや違い,当別町。両自治体の境目あたりにあります)。
 山頂地帯にある構造物は,自衛隊の対空監視用レーダーです。航空警戒管制員が24時間体制で監視をしていることと思います。
 こういうページがあります。そこかしこに興味深い記述があり,以前から何回も読み返していました。人生の一時期,この山にて警戒管制の任務についていた方が,昭和30年ころの当別町の様子も交えて記した自分史です。
 この方に,読んでますよーと声を掛けてみたかったのですが,自分史のページからはなんのリンク等もなく,ただ時間がたってしまいました。
 が! 昭和15年生まれのこの方が,なんとブログをやっているではないですかっ。もう,断然TBを飛ばさせていただきます。
 本年12月23日に撮影した阿蘇岩山です。
a0062697_23491417.jpg

岩内
2005年 12月 26日 |
 すでに詳細検討済の沖縄に行くはずだったのに,もろもろの事情により中止。これはまあ,仕方ない。 でも,このままでは虚しいので,代わりにどこかに行くかということになった。
 で,どういう訳だか「岩内町」へ。
 ぽっかぽかの沖縄に比べて,どうせ日本海の荒波がどどーんとなっている岩内であります。場所は以下のとおり。
a0062697_19232695.jpg
 この辺りはほとんど砂浜はありません。ゴロタ浜で,しかも崖がすぐ海に迫っているので,非常に狭い。しかし,砂がないぶん,波打ち際の直前の波でさえ,水が澄んでいて,なんともイイ青をしています。写真は雷電トンネル脇のチェーン装着場から海辺に降りたところから撮りました。結構直前まで高い波がきます。
a0062697_19351427.jpg
 宿は岩内市街から外れた高台にありました。眺めはなかなかのものです。あれこれやって,夜景を撮ってみました。上下はほぼ同じ場所から写したもの。岩内港の全景です。夜景が見えたのは1時間弱くらい。その後はひたすらに雪で,何も見えませんでした。
a0062697_19445170.jpg
 旅館ですから,みやげ物売り場もゲーセンもありません。夕食が終わると,暇になってきたので,宿の写真を撮りました。結構感じのいい宿であります。
a0062697_20233245.jpg
a0062697_20242822.jpg
a0062697_20264258.jpg
 ホール,温泉付近のライトアップ樹木,内風呂であります。えーと料理は…,あーんー,雑誌の記事みたくなって,嫌になってきた。

    +++++++++++++++++++++++++

 岩内港に停泊していたイカ釣り漁船の船体に張られた各種の票。
 これが一番のお気に入り写真。
 この世でシゴトするにおいて,ルールというものの遵守や煩雑さ。イカを捕ることこそが勝負だけど,それだけというわけにはいかぬ。
 付随するルールのありがたみと面倒くささの両方を飲んで真っ当にやっていく。
 …などと思い。
a0062697_20354865.jpg