つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2006年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 01月 31日 |
ひたすら働きます。
a0062697_23344259.jpg

by plaster_er | 2006-01-31 08:00 | Night Shift |
2006年 01月 30日 |
a0062697_21145445.jpg
羽田乗継ぎで沖縄へ。やや急なシゴトです。 
シゴトはうまくいった。と言うか,うまくいかないと帰れない。いつもとおなじ。
那覇には,シゴトで5回くらいは行ったことがある。2年弱ぶりの那覇。
前回東京に出張した際のメンバーは,東京近辺に彼氏のいる女性職員と(別に聞いた訳じゃないけど,そうらしい),東京近辺の大学に通うムスコのいる年配職員(別に聞いた訳じゃないけど,そうらしい)と一緒だった。シゴトが終わると当然一人になる訳で,散歩をしたり写真を撮ったりできたけど,今回はそうもいかぬ。シゴトが終わって,「おばあ」がやっているイイ感じの沖縄料理店で,今回のメンバーと飲み食いしましたとも。飲み屋に入れば,ナハだろうがススキノだろうが,あんまり関係なくなる(-_-;)
a0062697_22105177.jpg
で,次の日(日曜)とことこ帰ってきました。写真は,早起きしてかろうじて撮ったもの。
a0062697_21101919.jpg
a0062697_2110396.jpg
a0062697_21105496.jpg
春なんですね。ホテルの庭に桜が咲いてました。北の方に名所があるらしく,桜祭りが開かれるとのことでした。もちろん,普通の常緑樹は,元気一杯,なんら冬っぽくない状態です。

帰りは,飛行機窓写真を撮りながら帰りました。空いていて,20枚以上は撮ったかな。やっと,満足満足。
a0062697_21195059.jpg
a0062697_2120315.jpg
a0062697_21204972.jpg
a0062697_2121468.jpg

2006年 01月 30日 |
シゴトしてます。a0062697_20321318.jpg
急な出張とか,相変わらずのゴタコダとか。
ゴタゴタ麻痺症でしょうか。慣れてきたなあ,ゴタゴタにも。

しばらくぶりに,今日は早く帰れました♪



あ,急性腸炎っぽい症状にもなり…。
ムスメも同じ症状で,こういうのは前もあったなぁ。
前と同じ,ムスメを病院に連れて行き,自分はげえげえ吐きながら駐車場で待ってました。
今も,ちょっと…。
2006年 01月 26日 |
ひたすら働きます。
a0062697_2311403.jpg

by plaster_er | 2006-01-26 08:00 | Night Shift |
2006年 01月 25日 |
2日休んだ後のシゴトはつかれますなぁ。
今日もゴタゴタして明日もゴタゴタするのだろうなぁ。
職場の転勤者が,こっそり異動の通知を告げられる時期が始まった。これから調整も入るので,本決まりではないことから,こっそりと聞かされるのだが,数時間もすれば全員に知れ渡っているもので。
ワタシには「こっそり」はなく,来年度も札幌にいられるようですな。3分の1が入替えもしくは新採用となるようです。これだけゴタつかしたのだから仕方ないだろう。
ちなみに,転勤希望は,毎年決まって,金沢・秋田・函館 と書くだけ書いております。たまに富山と那覇も。
a0062697_22532211.jpg

今日の札幌の夜は,とってもきれいです。お空を見てみてください♪
2006年 01月 24日 |
今日も休み。
昼過ぎまでツマが北大病院に行くことになったので,子守。
と言っても,後ろに乗せて車でぶらぶらしてただけなんだけど。
この間高速道路に乗ったので,融雪剤(要するに塩)落としのために洗車した。
200円の水洗車だけど。
雪落とし用のブラシが,この間折れてしまったので,300円のやつを新しく買った。
昔,iMacが流行らせたスケルトンブルーの色をしたプラスチック製で,今どき見るとかなり変。
ブラシのコシが一番好みだったので,止むを得なく。
え~,ブラシの柄は,木が一番だと思いますがどうでしょう。

「食べ物」の写真は難しい。a0062697_17254594.jpg
当然「おいしそう」に撮るべきものだが,おいしそうに撮れない。
昨日買ったロイズの生チョコの新味があったので,ちょっと撮ってみる。
…泥道みたく写ってしまう。
うーん…。
仕方がなく,パッケージだけ。




写真データの整理を昨日からしている。
進まない。
勢い込んで,exciteIDを2つも取得してしまった…
適当に写真を貼って,とりあえずページを作る。



a0062697_1730561.jpg夕方ベランダに出てみると,微妙な飛行機雲が出ているので外に出てみた。ボンズも行くと言うので,ジャンパーやらを着ているのを待ってやると,もう雲はなくなっていた。うずたかく積まれてできた雪山に上ってみる。ヘリコプターが次々に上空を通っていく程度(丘珠空港へ帰るのだろう)。ムスコが雪山に続いて上ろうとするので,一枚写真を撮る。暗くて,ブレた。
2006年 01月 23日 |
a0062697_14305370.jpg
 月形ダムを目指して道なりに行くと,ポンスベツ林道になります。オレンジ色までは舗装で,以降黄色の部分はダートです。路肩がたまに崩れていたり,古びた雪崩防止柵の基部が転がり落ちていることもありますが,主要部分はまあまあ走りやすい。全区間ブラインドの連続という感じなので,対向車には注意です。ルームミラーを外して,前方視界を少しでも大きくしたりしています。
 この道が面白いのは,走ること自体もそうですが,湿生植物が多いことと,車両待避所が結構多く,危なくない形で「路駐」できるので,寄り道がしやすい,そして何より,山菜が取れるということでしょうか。残念ですが,クマはいるようです。
今では安全第一と思うようになりましたが,去年の秋に(この道のかなり手前のことですが),年配の夫婦が行き倒れて亡くなったというニュースもありました。走行にしろ,クマにせよ,そもそも自然の中に,か細く割り込んだ程度の道です。リスクはあります。

舗装路部分の景色 狭い田んぼ道です
a0062697_15111133.jpg
ダムを見やりながら奥へ
a0062697_15125914.jpg
道はこんな感じでうねうね続く 勾配で苦労することはない
a0062697_15172460.jpg
キノコ 名前は知りません
a0062697_15185511.jpg
冠水する橋 大丈夫でした,少なくとも去年までは
a0062697_1518113.jpg
道端の水たまりにはこんなものも
a0062697_15211019.jpg
末端近く 植物が成長してしまうと,とても通れません
a0062697_15221296.jpg

写真は昨年の5月23日ころのもの。デジはcaplio。
山菜は,フキはまあ当然として,アイヌネギはちょろちょろ程度,ウドはトラック何台分かわからない,といったところ。ウドの場所,ということですな。シーズンになると3回くらい行っています。
一度,ここで悲劇を体験しています。それは下のこちらで。
その1

More
2006年 01月 22日 |
 非番です。
 昼ごろに帰宅。ぼけっとしてようかなと思ったけど,出かけた。天気が良いので。

 日高の海にでも行くつもりが,漫然と高速に上がってしまい,あら,ぜんぜん方向の違う札樽道(札幌・小樽間の高規格道路=半人前高速)に来てしまった。小樽にはしばしば行っているので,行く気にはならず,途中の朝里で降りて,山道を行くことにした。道道1号小樽定山渓線。自宅からだと,一周して120キロといった距離。
a0062697_19494933.jpg
 この道は,南区に住んでいたとき,暇があれば行ってた道だけど,久しぶりに通る。アップダウンあり,タイトコーナーあり(半径20メートルのコーナーもある),薄ら寒くなる高所の橋あり,覆道・トンネルありの,楽しい道だ。
 山に登ると,遠目にも分かったけど,曇ってる。たまーに,薄雲の間からぼやっと力のない日光が射してくる程度。何を撮ってもグレーに写るのでつまらない。なるべく影のあるものや,色のあるものを撮るようにしたけど,そういうものもあまりない。
a0062697_19542643.jpg
a0062697_19543670.jpg
a0062697_19544722.jpg
a0062697_2002257.jpg
a0062697_1954579.jpg
 二つのピークのある山は,定山渓天狗岳(Ⅰ峰とⅡ峰)。ちょっと回りの山と雰囲気が違います。すぐ上の広く雪原が広がっている写真は,凍結したダム湖の表面で,さっぽろ湖という名前がついている。
 
 山道が終わり,定山渓に下りてきた。温泉が開かれてから200年目を迎えたらしく,そんなような意味の旗が各所に立っていた。足湯にでも浸かってこようかなと思ったけど,行くとずらっと人が座っている。各人,無言状態っぽい…。パスして,適当に散歩することにした。
 
 「猫の塊」を発見。??
a0062697_2027135.jpg
a0062697_20281182.jpg
 ははん,配管に触れてみると,やっぱりあったかい。温泉を通す配管で暖を採っているのでした。白猫と黒猫が隣り合っていて,黒猫にピントをやったので,あらら,白猫の露出が失敗してる(-_-;)。こういうときはどうするものなのかな。
 定山渓温泉は,豊平川の上流部にあたります。川のそばに降りられる場所があるので,そろそろと降りてみました。この時期になると,小川みたいなもんですな。面白い形に雪が積もっているので,パチリと撮ってみた。
a0062697_20353641.jpg
 川の澱みに河童が住んでいたというありがちな伝説があり,近くにはカッパ大王が座ってます。ああ疲れたな。
a0062697_20404759.jpg

2006年 01月 21日 |
ひたすら働きます。
a0062697_042075.jpg

by plaster_er | 2006-01-21 08:00 | Night Shift |
2006年 01月 20日 |
a0062697_2145911.jpg

 以前のシゴト話の続き。
 最近職場がゴタついていて,そんな中起こった突然の配置異動。うつ病のa君と,トラブルメーカーのb君がバーターで異動した。どちらも後輩。小さな職場ゆえ,暇職に移して様子を見るというような対応ができないのが困る。早速,この異動によって一気に影響が出た。さして「復旧」は難しくはないが,トホホ度の高い小さな事件を両者が起こし,いちいち潰しに回り,時間が過ぎる。
 「お前ら今何考えてるか言え,何も考えてないか,別のことしか考えてねぇんだろうが」
 とは言いません。言ったくらいで,なんともならんと分かりきっているから。

今日わかったこと。
 a君は,薄々そうだろうなとは思っていたけど,どういう職種でもどんな職場関係でも,結局シゴトをするのが嫌な人。
 b君は,違う世界を持っているのはいいけれど,そちらに精神的な軸足があるので,現実のシゴトにおいてガサツで独善的で,自分のミスも心に刺さらない人。
 さてワタクシはどうするか。
 全体に影響の出ることには関与して方向を直す。こうだったからああしておいたけど,こうなったのは何故? とだけ二人には言う。返答は聞かない。自分から上司に何か言うことはしないけど,もし聞かれることがあれば,的確なエピソードを手短に話せるようにしておく。他の職員から二人がさらに排斥されるようであれば,困ったものですねぇ程度に笑っておく。

写真は望来浜。
向かい風,横殴りの風,強風,地吹雪,さらさらと受けてイイかたちにしていきたいものだ。