つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2006年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 05月 31日 |
a0062697_23532228.jpg


出張で京都に行ってきました♪

「♪」だったのは,出発するまでで,今回はなかなかエグイ出張だったなあ。

誰がどうしたという訳でもないけど,一言で言えば「北海道的」手法が現地で通じないということだったな。静岡以東なら通じていたんだけど。

一日目は22時くらいまで働いて,終わってから勇気を振り絞って適当な料理屋に入り一杯やった。
ちょ,高すぎないか。その割りに,ちまちましてるな。
これだったらコンビニのお惣菜…おっと,これ以上言ったら文化の否定みたくなるからやめとこう。ワタシが野卑なだけなんです。
途中,写真を撮っていいか聞くと,それから途端にサービスがよくなった。何故?

次の日は,昼の11時過ぎになんとかシゴトにケリをつけ,2時間半ほどの解放時間を確保。
京阪線に乗って「中書島」駅にて下車。
ここを覗いてきました。
a0062697_23545027.jpg


最初の目論見では,いろんな店に行って,蕨餅と冷抹茶をハシゴして食べ比べるぞ,なんて思ってたんですけどね。結局,月桂冠の酒蔵跡を利用した喫茶店にて,一度食べただけ。蕨餅より,アイスコーヒーうまかった! この日京都の気温は27度。
a0062697_21381251.jpg


16:00発のJALに乗るべく,関空特急「はるか」に乗車。
例によって,飛行機写真(もう恥ずかしくもなんともない)を撮って帰社。
疲れたなっ。
a0062697_2139661.jpg


More
H18.5
2006年 05月 30日 |
a0062697_1852634.jpg
a0062697_18521347.jpg
a0062697_1852223.jpg

京都
2006年 05月 29日 |
a0062697_22434017.jpg

2006年 05月 29日 |

豊平川の下流域のハナシで,やや気になっていた「世田豊平川」を,やっと見ることができた。
a0062697_218327.jpg


かつて豊平川が,石狩川に接続するあたりで蛇行・氾濫することが多く,住民はひどく苦しめられていた。その後付替え工事がされ,今は最下流域は直線化されて,元の接続部より6キロほど下流に河口がある。
新しい流路が「豊平川」であり,古い流路が,この「世田豊平川」として残ったというわけだ。

「世田」の地名は,まさしく東京の「世田谷」が由来で,東京大空襲の被災者が,この辺り(角山)に入植したことによるらしい。

豊平川:石狩川との接続部を見に行く
豊平川:その対岸の角山地区を見に行く
豊平川:夜の河畔林で写真を撮る
豊平川:冬の河川敷に分け入る

道の様子は,角山とさして変わらない。
やや路盤の荒れた,狭い舗装道路が続く。
a0062697_21134128.jpg

牧草地が多い。酪農農家っぽい建物が点在している。
春になったので,牛もよく出ている。
a0062697_2125864.jpg
a0062697_21171444.jpg


はい,到着。
国道275号から,1キロほど入ったところで,橋から川が見える場所につく。
上の写真がその上流方向,高圧鉄塔やらが建っている下の写真が下流の方向。川幅は,結構広い。豊平川なみだ。
しかし,河川敷というものがほとんどない。氾濫しやすかったのだろうな。
あと,流れが感じられない。ただ,溜まってる,という感じだ。
事実上,河跡湖のようなものなのだろうな。
a0062697_21184576.jpg
a0062697_21185217.jpg
アオサギなんかがよく飛んでいたり,鳥の鳴き声がよく聞こえたり。たぶん,鳥の楽園みたいになってるのだな。


とんでんファームが比較的近いので,帰りに寄り道。ヤギやウマやらが,敷地の中をうろうろしているので,写真を撮った。
うすら寒い曇りの日だったのに,条件反射的にソフトクリームを食べて,腹をこわしてしまった。
バカだよなぁ。
ここのソフトは,ミルク感重視? って言うの?コクの少ないサラッとした食感で,さっぱり感? って言うの? まあ何だか食べ物のことをうまくは言えないけど,ほとんど牛乳みたいで,極めてすぐ溶ける類いのソフト(としか言えない)でした。美味しいんじゃないですか。暑い日にはいいだろーな。
a0062697_213389.jpg
a0062697_21325467.jpg

2006年 05月 28日 |
やってましたねえ。
勝ったのはメイショウサムソン。
父:オペラハウス,母父:ダンシングブレーブという血統。
欧州っぽいねぇ。距離伸びても良さそうだねぇ。

石橋騎手,ゴール手前で追うのをやめていて,それがおや?と思った。
騎手にしか分からない抜群の手応えが残っていたのか。
ゴール板までの距離の目測を誤ったか。
もう半馬身は,離して欲しかった。

勝利を期待したのは,メイショウサムソン。
だから,観ている分には良かった。

馬券は別。

エルコンドルパサー最後の産駒がダービーに2頭出ている。
それだけで何かイイ。これをまず買った。
最近影の薄い蛯名騎手,得意の東京コースで何かあるかとも思い,買う。
三連単。これで決まれば,ジープかなんか買えるぞ。
そこに,最近,逃げ・先行で何か調子の良さを感じる善臣騎乗のアドマイアメインをからめて買う。

たはっ,外れた。

メイショウサムソン,3冠取るか。
トーホウアランという馬が,強敵になりそうだという予感。
どうかな。

                *            *

今日は,強く雨が降っています。
a0062697_2142790.jpg


この間撮った「たぶん,スズラン」の写真は,すずらん水仙(スノーフレーク)という別の花だとmiuさんに教えてもらいました。あの記事書くとき,実家のハハにまで聞いてみたんですけどね。確かに,葉っぱが,幅広のスズランに比べてかなり細く,変だなとは思っていたんですが。
a0062697_21113366.jpg

2006年 05月 27日 |
ひたすら働きます。
a0062697_23404643.jpg

2006年 05月 26日 |
倉庫の空き地の植物を見た後は,石狩の風車に寄って帰路につく。
もう夕方です。
風はゆるーくしか吹いていないが,巨大風車はゆっくりと回っていた。
a0062697_2355449.jpg
このアングルが一番好きだな。プレードの1枚が,真下を向いて,それがパターナイフのように見える瞬間がイイなと思う。

以前,冬にここに来た時,キツネが跳ね回ってネズミを狩っている場面を見たことがある。
今日もキツネがいた。
今回は,ワタシの方が先にきゃつに気がついたので,遅れてワタシに気がついたきゃつは,距離を取ろうと小走りに逃げる。そう速くはないが,流し撮りをするはめになる。
a0062697_2313669.jpg


ワタシもそろりそろりと後をつける。
以前と同じキツネだとすれば,きゃつはこの辺を根城にしていることになるな。
あと,きゃつは,自分で狩りをしているはずで,ニンゲンに依存はしていない。なかなか近づけないかもしれないな。50mmを外して,レンズはタムロンの28-300mmに交換する。
夕方なので,光量不足が心配。
a0062697_2316208.jpg
かなり距離を開けられ,きゃつはストップ。あくびですか。

あまりきゃつを見ないで風車の写真を撮ったりしながら,何気なく近づいていく。徐々に距離がつまってきた。
a0062697_23192660.jpg
a0062697_23212214.jpg
足の部分だけが夏毛になっていて,あとは毛皮を上からかぶっているかのように冬毛が残っている。不恰好だなあ。

さらに気のないふりをしていると,きゃつは地面に伏せてしまう。たまに,目をつむったりもする。なんのつもりですか。
うん,以前に見たキツネとたぶん同じ個体だろうな。
a0062697_23222243.jpg


ヤブの中に入っていく。
キツネの目って,実はヤモリみたいで,愛嬌がないなあ。
ばいはい。
a0062697_2324384.jpg

2006年 05月 26日 |
ムスコが,ちょいかわいそーかな,とも思い,近くの空き地に寄った。a0062697_22545547.jpg
空き地に咲く花を見せてやろーかと思い。
ムスコは,何故か植物が大好きで,ワタシなんかより数倍詳しい。
植物好きの幼児,というのは,いまいちピンとこないいんだけどな。

石狩の本町地区には,古い建物を取り壊した後,空き地になったままのようなところがぽつぽつとあり,かつての花壇の球根が花を咲かせていたりするのです。
名前や由来は知らないけど,今日は古い石造りの倉庫の周りの草花を見ることにした。
すぐ元気になるな。

ムスカリ
a0062697_22554828.jpg


たぶん,スズラン
a0062697_22562610.jpg


???
a0062697_22565086.jpg


ついでに,浜で撮ったコウボウムギ
a0062697_2258989.jpg


ボロボロ植物図鑑で今日も研究
目悪くなるよなー。
a0062697_22584673.jpg

2006年 05月 26日 |
ムスコと石狩浜へ。天気はいい。
灯台から石狩川河口まで歩く。約3.5キロといった距離。
どういうわけか,くらあぁぁぁと頭が白けてきて,歩くのが難儀だった。
ムスコは,なにやらぽつぽつ拾っているようだ。

ロシアの酒瓶
けっこうキレイだ。形も変わっているし,キャップの部分に黒煙を上げる工場が描かれているのも,ロシアというか旧ソ連っぽくて面白い。自分の家に庭でもあれば,転がしておくのにな。
a0062697_221393.jpg


にんにく
大量のニンニク。
じゅわっと水を吸っていて,もうだめになっている。日本製だ。
農家か何かの納屋から川に落ちてここまできたか,船内食用の食材として積んだものが落ちたか。…ここで,芽を出して…うーん,やっぱり育つ訳ないか。
a0062697_22152579.jpg


ボトル
最初から,こういう風に,流木の上にきちんと並んで置いてあった。
うん,はい,じゃあ撮ります。
古いボトルで,一方は割れていますがコルクで栓がしてあります。いい青ですね。
a0062697_22195445.jpg


かめ
軍手を利用して作った亀のぬいぐるみ…
と,思ったら,最初から編んで作ったものだった。良くできてる。
ムスコが海に放してた。
a0062697_2220493.jpg


ムスコの成果
いつの間にこんなに拾ってたか。ビニール袋も「現地調達」して,それに入れて運んでいたようだ。
やたらに植物好きなので,造花とか模造のグリーンとか,それ系が目立つな,やっぱり。あとは,ロボットの頭部に,ゴルフボールに,釣り用の発光体のパッケージ,カニの足に,ええっと魚の形の容器,おおっ金亀の糸巻きなんて渋いもの拾ってるねえ。
a0062697_22233223.jpg


帰り際,拾ったものは2つだけなら持って帰ってよし!とワタシが言うと,選べなくて選べなくて,全部持って帰りたくて悲しくなって,何で全部はダメなのか分からず悔しくて,泣いてしまいました。
a0062697_2232087.jpg

結局,蓮のようなピンクの花と,模造グリーンを持って帰っていました。
それをポケットに入れたことを,家に帰ると,すっかり忘れているんですが。
だから彼のジャンパーのポケットには,いつぞや拾ったままの,瑪瑙やらシーグラスやらが入っています。
2006年 05月 25日 |
今日は疲れたな。
19時までノンストップ。昼飯抜き。やれやれ,明日休みだから助かる。

机の上を撮ってみた。
a0062697_2159518.jpg
別にニコンがどうしたわけでもなく,おいてあったので。

ああそうだ,「海岸の難破船」の容量が限界近くになったので,新しいページを登録してみた
浜歩きで撮った写真を,タイトルだけつけて貼り付けたもので,文章はぜんぜんありません。
移動させる作業もめんどうくさくて,途中であきらめた。
ぼちぼちやっていくつもりです。