つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2006年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 06月 30日 |
帰宅して風呂に入ったら,テレビの映画で「戦国自衛隊1549」をやっていた。
江口洋介の出てる,リメイクの方。
映画を見るのは久しぶり。
なんかで見た「勇気ある者」以来かも。
ううむ。千葉真一の出てた古い奴の方が,断然っ面白かったな。
うんうん,かなり面白かったな。

それでも,なんとなく見てしまい,眠い。
a0062697_23242919.jpg
こんなのに乗って,現代に帰れちゃうというのが,一番面白くないところ。
by plaster_er | 2006-06-30 23:25 |
H18.6
2006年 06月 30日 |
a0062697_2039297.jpg
a0062697_20393633.jpg
a0062697_20394382.jpg
a0062697_20395277.jpg
a0062697_20395938.jpg
a0062697_2040416.jpg

by plaster_er | 2006-06-30 00:00 |
2006年 06月 29日 |
6時台なのにこの明るさand清清しさ。
晴れてきてます。光の強さが,今までと少し違います。
a0062697_228945.jpg

太陽に照らされた雲を画面に入れて撮ると,白トビしまくっている。
a0062697_229463.jpg

通りの様子を撮ると,これも凄くコントラストがつく。今まであまり見ないような写り方をする。目がチカチカするくらいだ。細部はあまり表現されていない。
a0062697_22103054.jpg

太陽を思い切り画面に入れて撮る。ゴーストは発生しなかった。
a0062697_22145813.jpg


撮った場所は,ジャスコの東苗穂店(の屋上)。
ミスド100円の日なので,お土産に買って帰りました。
by plaster_er | 2006-06-29 22:15 |
2006年 06月 28日 |

今日は,かなり早く家に帰ることができた。
苫小牧にて小さな出張があって,それが早く終わったため。

PCの前にかじりついて,いろいろ調べて考える。
考えて,疲れた。

a0062697_22321996.jpgタイヤが減ってしまったので,何にするか考える。
215・65・R16という,実にヘンテコなサイズのタイヤなので,他メーカーからはあまり選べない。BSから選ぶしかないか。REGNOは,高いのだよな。
林道とか行ってるんだから,似合わないよな。
あっ,スニーカーで,適合サイズあるじゃん。
けど,スニーカーはなあ。前車のトゥデイにも買ったっけな。
うーむ。


a0062697_2233843.jpgレンズを何か買おうと思っている。
こちらは,全く不急の品だけど,まあ趣味ということで。

一眼だと,レンズを取り替えられるので,やっぱり取り換えたくなってくるのだな。
なんも撮るものがないときに,手近な草やら何やらを大きく撮りたいと思うことがある。
今持っているニコンの50mmF1.8はとても気に入っているが,あまり「寄れない」のだ。なので,マクロレンズが欲しいと思う。
けど,んな小さなもの撮るのに,3万とか払っていいのだろうか。
うーむ。


携帯電話a0062697_22463630.jpg
これは,買い換えたいという積極性はなく,変えないとダメなのかな,という消極的なもの。
ぽろぽろのこてこてなんだよな。
ムスコが赤ちゃんのときに,激しく噛り付いた跡がすさまじい。今はムスメが。
接点に難があって,充電器は人にもらったりして凌いでいるけど,そろそろまずい感じもする。P503isって,まだ現役として使っている人はいるものなんですかねえ。



どれも,結論らしきものは出ず,ディスプレイを見続けて,肩が凝ってしまった。
ふう。
by plaster_er | 2006-06-28 22:56 |
2006年 06月 27日 |



札幌は雨降りでした。雲がどんより。
a0062697_2239214.jpg


雲を見るために,夕方近くから,宮の森・盤渓・西野・手稲(山)と車でなんとなく行ってみました。札幌の中でも,比較的山に近い地域です。
a0062697_2245831.jpg
a0062697_22452238.jpg

山で雲が切れていくので,いろいろな形があって面白いのですが,それらはみな一瞬に近いのですね。移動中に,その都度撮るというのは無理です。
どっかに腰を据えて,じっくりと待つというのがいいのだなと思いました。
高いビルの屋上なんがいいのかもしれません。


ほんの数分,雲が切れて,あいまから光が当たって,色がついている。
バックミラーでその状況に気づき,車を停めてなんだりすると,数枚撮るのがやっと。
光が閉じると,雲はあるのかないのか判別できないような,薄いもやに戻りました。
a0062697_22474331.jpg


More
2006年 06月 27日 |



ぼやーっと地図を眺めることはありませんか?

ワタシは,よく見ます。PCではカシミールで。
書籍地図はトイレで。

岩見沢市に,「猫沼」という小さな沼がある。
なんということもないのだけど,気になる。だって「猫沼」だもの。
この周辺には小沼が多くて,すぐ横に「長沼」。周辺に「瓢箪沼」「大沼」「鮒沼」,そして名もない沼が点在している。
a0062697_0215827.jpg

さらに地図を見ると,南側に「御茶の水町」という町域がある。「御茶の水排水」という水路もある。南西には「砂浜」という町域もある。なんで御茶の水って言うのかなあ。砂浜って,何よ?

行ってくる。

まず,国道12号を岩見沢(旧・北村)に向かって北上。
函館本線と並走する。
a0062697_0314196.jpg


幌向のあたりから左折する。適当に走れば,そこが御茶の水であり,御茶の水排水(路)にも勝手に突き当たる。
a0062697_036299.jpg
a0062697_042762.jpg御茶の水と言うくらいだから,東京とかと関係のある地名なのかなと思ったりが,別にそうでもないらしい。開拓しようとしたら,お茶のような泥水が出てきた,ということらしい。例の,泥炭地特有の赤茶けた強酸性水だ。排水路があるのも,その水を出す関係だと考えて良さそうだ。

御茶の水排水(路)は,こじんまりしているくせに水量があり,今や周りの木々を養っていた。
a0062697_0403331.jpg
a0062697_0404867.jpg


さて,肝心の,猫沼を目指す。
地図は正しい。水路の表現も,正しい。ワタシの運転も,正しかったはずだ。
だからここに間違いない。しかし…ない。
a0062697_045422.jpg
一面の草地だ。分け入ってみる。
足元に突然水がじわっとしそうな気もするが,結局しない。
明らかに沼を埋めたという様子もない。残念!既に遷移が進んで乾燥化したか。
それとも,雪解け時なんかには,水が溜まって現れるのか。
向いにあるはずの,猫沼よりはるかに大きい「長沼」も,その姿は見られなかった。
a0062697_0563513.jpg排水が良くなって,水位が下がって消滅したか,人為的に水を抜いて,耕地にしたのだろう。
地図にはないけど,やや離れた場所にある瓢箪沼も,パークゴルフ場になってしまったようで,消滅していた。わずかにバス停と,隣接する公園の中に作られた瓢箪状の盛土が過去を記憶している。

周辺を走り回る。方向感覚がなくなってくるな。
「名なし沼」を確かめつつ走るが,明らかに他人様の土地に進入しなければならず,遠目ではその有無さえ分からない。古い排水溝の中には,ポリエチレンでできた新しいパイプが投げ込まれていて,灌漑については,近代化している印象がある。ため池の必要って,もうあんまりないのだな。
a0062697_0574221.jpg



一つだけ,遠くに沼が見えました。
a0062697_1753.jpg

2006年 06月 26日 |
昨日,ムスコの幼稚園で運動会をやった。
ワタシはシゴト。しかも夜勤。
早朝,場所取りだけをして,チチとしての義務をなんとか果たす。
場所取りで並んでいた時は,小雨が降っていたのに,昼前から,すごく,晴れてましたね。
シゴトしてても,なーんか落ち着かない。
a0062697_2394147.jpg


ツマに写真を任せるため,設定をあれこれ考えた。
仕上がり・・・vivid
ISO・・・400
AF・・・C(コンティニュアス)
自動増感・・・120秒以下
AB・・・ON

・・・とした上,Pモードに合わせてカバンに入れておいた。
なんとなーく,曇り対策で,シャッタースピードをやや上げたいという意図だな。
実際には,ぴかぴかに晴れたので,コントラストの強すぎる写りになったものが多かった。

できた写真は,載せられないな。
チビッコが蝟集しているだけの写真だもの。他のお子さんも多数いるし…。
漠然と,走っているところを撮ったりできるのか,と思っていたけど,競技の合間にやっぱり蝟集してワイワイギャースカやってる場面が主なのだな。
期待しすぎたか。

この日はほんとうはワタシは休みの日。
けど,頼まれて勤務交代してたんだよな。
その人から,悪りぃね,という意味で,お土産もらった。
カリカリに乾燥させた昆布のスティックに,ホワイトチョコをコーティングした菓子。
初めてだねえ。聞いたこともないねえ。味は,???だねえ。
a0062697_23122734.jpg

2006年 06月 26日 |
a0062697_2239245.jpg


世の中危険がいっぱいだ。
2006年 06月 25日 |
ひたすら働きます。
a0062697_23302790.jpg

by plaster_er | 2006-06-25 08:00 | Night Shift |
2006年 06月 24日 |
石狩川河口の北側の浜を,少々ぶらぶらする。
と言っても,もう夕方も遅いので,ほんの少し。

ここは,雰囲気が,イマイチすきではない。
ううむ,どうもハード過ぎて。



医療廃棄物
こんなのばっかり見るような気がする。使い捨ての注射針がわんさか入ってます。短いタイプの針なので,自己注射用かもしれない。
a0062697_23121891.jpg


石狩名物 密漁警告看板
まあ,前からあるんですが,この看板は。
こういう人がいるから,こういう看板があるのだろうな。
この看板の旧バージョンも旧々バージョンも,近くに埋もれつつも立っています。
a0062697_23122991.jpg


石狩名物 不法投棄
こんなものは序の口。まともに写すと嫌になる。
横の川は知津狩川。石狩川に最後に注いでいる支流です。
a0062697_23144045.jpg


石狩名物 ハマエンドウとハマヒルガオ
ふう,花はイイ,キレイで。
けど,この横に冷蔵庫の断熱材が転がっているんだよな…。
ヒルガオの方は,さすがにこの時間になると花が閉じてますな。
今日は何でも閉じている。
a0062697_231619100.jpg
a0062697_23163169.jpg


石狩名物 キツネ
浜にキツネが。
相当,距離をとる奴だ。
点のように写ったブレボケ写真しか撮れなかったけど,きやつはワダチ道を利用していたようで,帰り道でバタッと出くわした。じっ,と見た後,全力疾走して遠くへ行ってしまう。
この辺に巣穴でもあるのかな。
a0062697_23212275.jpg


石狩名物 砂利道
南に向かって走る。
知津狩川を渡って八幡の砂利道を行く。
トンネルみたい。
トンネルを抜けるとそこは…やっぱり石狩だった。
a0062697_23254441.jpg


ぜんぜん漂着物とは関係ない内容になってるなあ。

地図