つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2007年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 01月 31日 |


 日々,陽が長くなっていますね。
 望来の帰りに,もう一丁ということで,石狩浜へ。
 番屋の湯の裏から浜に出て,そこからてきとうに南に行って戻って北に行って,というふうに歩いてきました。
a0062697_2155859.jpg
 最初は,青空も見えてたんですが,どんどん天気が悪くなってくる。望来よりも,波が高い。風も強い。気温も低い。着衣はフルスペック状態にしていたので,寒くはないけど,とても厳しい。
 やっぱり,浜はただの雪原みたいな状態で,漂着物は,ゆきのした。
 これぐらい大きい浮きだと見えるけど,ガラス浮きなんかは,見つけられないだろうな。
a0062697_2158472.jpg
 どういう訳か,浜の雪面に,車のタイヤ跡が結構ついている。
 釣り人かRV車遊びのヒトだと思うけど,なんかな・・・と思う。
 下の写真,埋まって脱出した跡だと思う。
 漂着していたトロ箱をバラして,スノーヘルパーみたいに使ったんだろうな。
 漂着物に感謝しなさい。
a0062697_21591410.jpg
 ここに腰かけてひとやすみ。
 この雪が融けるか飛ばされるかしないと,なにも見つからないよなぁ。ぶつぶつ。
a0062697_22563370.jpg
 厚ぼったげな雲がひととき切れて,オレンジ光が見えている。ちょっと前より,明るいくらいだ。オレンジ色の波。
a0062697_22573591.jpg
 帰る頃には月が見えていた。かなり満月に近い上弦の月。
a0062697_22575480.jpg

2007年 01月 31日 |
a0062697_21265043.jpg

 パンクで若干時間を取られたけれど,望来浜へ。3時台になると,すぐ夕方ぼい感じになる。
 浜は,ぜーんぶ雪。昨日かそのくらいに降った雪が,そのままある。
 波がほとんどない。
 だから,漂着物は,ゆきのした。

正利冠川の河口
水量が増えているかと思ったけど,なんとか長靴で渡れた。
a0062697_21323477.jpg

望来崖にへばりつく氷
痩せてきているな。
早くも,春先によく見られる小さな崩落が始まっていた。
a0062697_2133365.jpg

波辺の様子
 細かな植物片が大漁に打ち上げられて,黒いとろとろのスープのようになっている。
 これも,春先によく見かける光景。春先には水量が増えて,河川敷が洗われて,こんなのがやってくるのだと思っていた。すべて,暖冬のためなのだろうか。
a0062697_21391896.jpg

波辺の様子 2
 空の色以外に,色らしき色がぜんぜんないのも寂しいので,打ち上げられている海草なんかを撮ってみる。
a0062697_21332365.jpg

シーグラス
 たまに落ちている。たくさんはない。
 まだほとんど角の落ちていないもの。ガラス片といった方がいいくらい。
 望来のシーグラスは,こういうものや,まだゴツゴツとしたものが多いですね。
a0062697_21344164.jpg

2007年 01月 31日 |

 午後から「じゆうじかん」。
 ちょうど,晴れてきた。
 道は,この時期としては考えられないくらい,融けている。
 実に快調。車を走らせて,海へ。
a0062697_21102414.jpg
 石狩川を渡り,当別の田んぼ地帯を突き抜け,高岡の丘陵に登りかけ,うねうね道を進んでいく。路肩の雪が溶けてでかい水たまりが出来ているので,ハイドロに注意するくらい。どんどん行く。
a0062697_21124759.jpg

 って,走ってると,なんか変だ。
 床下で,ごぼごぼ音がする。
 高岡の道は,いわゆる「しゃびしゃび道」で,ハンドルを取られつつ走っていく。巻き上げた雪がこびりついて変な音を立ててるんだろうか。アクセルに連動してその異音が出るだけで,その他に異常は感じない。構わず走っていくと,トランクに積んだ荷物が,いつもより中で跳ねているような音が大きい感じもしてくる。
 そのうち みっ という音がして,明らかに変な動きに。
 降りて見てみると,おおぅ,パンクしてる。
a0062697_2118524.jpg

 がぁ,めんどい。
 トランクの下からタイヤを取り出して,しこしこジャッキかけてテンパつけて,とろとろ石狩のGSに。接地面に,なんか金属っぽいものが埋まってる感触あり。ずっと前,スタッドレスがパンクしたんだけど,修理不可能と言われたことがあるな。
 コレ,買ったばっかり。なんとか直ってほしい。
a0062697_21212851.jpg
 トラブル地図。
 タイヤは無事直りました。釘がずぶっと。ふぅ。
 やれやれやれやれ,やれ。
2007年 01月 31日 |


 ツマががん検診受けるので,運転手兼子守り。
 センターには,石狩市や旧浜益村の自治体バスなんかが集合していて,年配者をぞくぞくと降ろしてましたな。
 時間が中途半端なので,ムスメとまたガラスのピラミッドに行く。
 やっぱり,誰ーもいない。なんたって,朝の9時だからな。
 今日は,気温が高く,なんと雨降り。
 雨降りぃ? なんともはや,暖冬だなぁ。
 ガラスのピラミッドの壁面にも,滝のように雨が流れている。
a0062697_2059379.jpg

 
ピラミッドパワー(pyramid power)
 ・・・とは、ピラミッド形の物体に宿っているとされる、不思議な力のことである。
 1930年、エジプトのギザにあるクフ王のピラミッドを見学していたアントワーヌ・ボビーが、ピラミッド内に残された死骸が脱水状態であることに不審を抱いて、再現実験を行ったのが最初と言われる。
 腐敗を防いだり、精神を集中させて悟りを開いたり大幅に頭の回転が速くなったりさせるといった効果があるとされているが、科学的根拠が無いため疑似科学の一つと考えられることが多い。充分管理された実験によってピラミッドパワーがはっきりと立証されたこともない。

ガラスのピラミッドの中は,大変居心地がイイ。
確かにそれはそうなんだけど・・・
ムスメ,何故かごろごろと寝転ぶのはどうしてだ?
a0062697_213976.jpg
床でしょソコ
a0062697_2132528.jpg
またっ
a0062697_2134132.jpg
パワー補給中なの?
a0062697_2142243.jpg
もぉぉっ
a0062697_2144591.jpg


ふたご現象
H19.1
2007年 01月 31日 |
a0062697_2336639.jpg
a0062697_23362899.jpg
a0062697_23365688.jpg
a0062697_23373262.jpg
a0062697_23383266.jpg
a0062697_2339149.jpg
a0062697_23393434.jpg

by plaster_er | 2007-01-31 00:00 |
2007年 01月 30日 |


久しぶりの休み。
だが,ほぼ運転手。
幼稚園がらみとか,ムスコのお友達関係とか,私のスーツお直し関係だとか,まあいろいろ。
各自,それなりにやっつける。
「じゆうじかん」が1.5時間ほどあったので,モエレ沼公園に行った。
すごく空いている。
年配者がただっぴろい公園の雪面で,クロスカントリースキーをしているのが目に付くくらい。
ガラスのピラミッドの中は,だれーもいない。

昨日の雪の,ガラス面に半ば積もったり,ひっついたりしたものが,傾斜でずりずり落ちて下の方にたまっている。ガラスと雪を透過してくる光は,みどりっぽい色に。
a0062697_19371480.jpg
ぐっと近づいてみると,ああ,みどりだなぁ。
a0062697_19382375.jpg

陽の光が,差し込んだと思えばすぐ消えたりする。
黙って見てるのがおもしろい。
ここは冬でもあったかいし,一日中いてもいいかもなんて気がしてくる。
a0062697_19422850.jpg

床に埋め込みになっている照明を覆うガラスに,周りの様子が歪んで写る。
水を張ったみたいだ。
a0062697_19445883.jpg

・・・さあてと,行くか。
振り返って,一枚。
a0062697_19461187.jpg

2007年 01月 29日 |
a0062697_22145570.jpg

 午後いっぱい,シゴトで使う写真を撮ることになって,JR札幌駅内外を中心にうろうろしてました。駅のあたりで変なヒトがいたとしたら,ワタシかな。
 今日の札幌は雪がわっしわっしと降り続いています(今もまだ)。気温は-1度あるかどうかだったため,中心部の道路はべしゃべしゃ。靴に水が染みて,しもやけになりました。
 最初は,ある程度撮り終えたら,暖かいコーヒーでも飲んでやろうと思っていたけど,走るように撮り回っても,時間的には暗くなるギリギリというところ。疲れました。
 やっぱり,やや脱線気味の写真も撮ってしまいます。
a0062697_22205978.jpg

2007年 01月 28日 |
a0062697_22362221.jpg

ほとんど寝てました。
帰宅する際,手の届くところにツララがあったので,持って帰ってその後写真に撮ってみました。
気晴らしに。
ストーブを焚いた部屋の空気にさらされて,外側から溶けるのは当たり前だけど,閉じ込められた気泡が膨張して「溶け折れる」シーンがドラマチックです。
例によって,水滴が落ちる瞬間は,写しとめることができません。
溶けた水でびしょびしょになったテーブルなんかも,ちょっと撮りました。
a0062697_22365316.jpga0062697_22371384.jpg


















明日シゴトすれば,次の日は8日ぶりの休み。
浜でも行きたいぜ。
2007年 01月 27日 |
ひたすら働きます。
a0062697_4535756.jpg

って,投稿したとたん,トラックバック40って・・・消す気にもならん。
昨日は,疲れて,帰宅してバタンキューでした。
by plaster_er | 2007-01-27 08:00 | Night Shift |
2007年 01月 25日 |


 a0062697_22315313.jpg外付けHDDを買った。
 RAIDを構成できるので,多少はデータ破損,写真パァの危険が減ったかもしれない。

 カゾク写真というのを,まったく物体化したことがないので,正直プリンターを買うのとどちらがいいのか,すごく迷った。
 プリンター買うと,その先の作業を考え,まずはめんどくさいと思った。
 紙をどっさり,インクは万単位の支出,延々たる作業時間,その後の膨大な整理作業・・・と考えると,やっぱり,それらを先送りする大容量HDDかな,と思った次第。

 .jpegとかって,10年後,20年後に,いったいどうなってるものだか,想像もつかない。
そういうデータって,数十年後に,なにかどうこうなるのだろうか。

 ムスコよ,おまえも所帯をもつことになったな,これまで以上にきちんと働いて,人様に迷惑をかけるようなことのないように,オホンッ,ついては,このHDDをもっていけ,jpegでオマエの写真が入ってるから,これを渡すのにちょうど良い機会だと思ってな・・・
・・・なんてことが,できるんだろうか。

 a0062697_2255932.jpg
 父さん,何コレ? ハードディスクって何よ? ゆーえすびー接続ぅ? とか言われるんだろうか。ワタシらが,パンチングテープ見たり,5インチのFD見て思うことと,同じなんだろうか。
 
 とりあえずの数年間はこれで良いとして,やはり物体化するのが自然というものかもしれないな,なんて思ってしまう。
by plaster_er | 2007-01-25 22:57 |