つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2007年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 07月 31日 |


ひとけのないところに行くのは,元気がでますな。
(といっても,車にはツマとムスメが乗ってるんですけど)
あと,手近な場所で,知らないところがあったりするのも,元気でるな。
へえぇ~とか,あぁーそーなんだーとか,新鮮で。
最高のぜいたくシリーズもおわり。
最後は,地図に載ってない神社について。
a0062697_2320254.jpg


More
2007年 07月 31日 |
a0062697_234463.jpg

当別+月形の道をうろうろしたシャシンです。
(金沢・中小屋・月ヶ岡・南新田・知来乙・五耕地山など)
以下,一言づつで。

More
2007年 07月 31日 |

非番です。
ひと寝入りしてから,出かける。
R275の中小屋付近から,道道11号月形厚田線に合流する田舎道などです。
本日,周辺をうろうろとしていて,この道を「発見」いたしました。

というローカルなことは,ま,どうでもよくて,今日は誰もいなーいところを走って,誰もいなーいシャシンを撮りました。人まみれなシゴトの後に,こういうところにいくのは,ぜいたくな気持ちです。
a0062697_21433214.jpg

最近,道を走ると,トラクターが気になります。
農機具庫の近くにあっても絵になるし,ただぽつねんと置いてあっても,その実利実用本気ガンガンな目的のためにためらいなく使用されている機械というのは,ただそれだけで美しいような気がするのです。トラクターに限らず。
花とか,雑貨とか,実はそういうのにあんまり心そそられないタチです。キレイとか,カワイイとか,オシャレとか,そもそもそういうふうに思ってもらうために作ってあると思うので,ワタシと波長が合わないところがある,ということなんでしょうか。自分でも良く分かりませんが,ほんとは,キレイでオシャレなものを,キレイでオシャレに撮るのって,すごく難しいとは思うんですがね。難しいから避けているのかな。
ま,それはいいとして。
(以下,シャシンは,すべて800ピクセル ↓ )

シバウラ SD3000
今はIHIに吸収されていたのですね。
使っていないといった様子で置いてある。
a0062697_215128.jpg

KUBOTA M6000
クボタは昔から濃いオレンジ色のトラクタですな。
wonderfullifewith様の御実家もクボタだったとか。
払い下げを受けた消防車を改造して最初のトラクタが作られたので,日本のトラクタはだいたいにおいて赤い色が多くなったらしいです。
a0062697_2156643.jpg

FORD 6600
1970年代後半のマシンのようです。
こちらは,フォードブルーって言葉があるくらいに,昔からこの色。
フォードはけっこう見かけるメーカーです。
逆スラントノーズが特徴的です。
a0062697_2211394.jpg

ヰセキ T5000 or T6500
ヰセキも,青い色のトラクター。昔はやっぱり赤だった。
これは再塗装されているようで,型式はちょっと分からない。
ポルシェの代理店+技術提携をやっていた後,次いでチェコのゼトアトラクタというメーカーと提携し,両社の技術を学んで作ったのがこのT5000(6500)だということだ。
a0062697_2252445.jpg

NEWHOLLAND TC56
これはコンバイン。刈り入れと脱穀を同時にやりつつ,藁も処理する機械。
このデカさなので,稲じゃなくて麦だろな。
道を走ってると,トラックに乗ったおじさんが,露払い役のように,こいつが来るから避難しててと前もって言われていた。草地に車を入れて避難してたら,道幅いっぱいのこいつがやってきて,おう,確かにすげーでかい。全幅3.36m,重量8t以上。FORD製の170馬力のエンジンを積んでるらしい。
a0062697_22372557.jpg

FIAT 215-615系
しみじみととする。
FIATAGRI以前の,純FIAT製トラクター。
1965~68年くらいのものだと思うけど,いかんせん古くてよく分からない。
後輪のホイールが,ヨーロッパ的な感じがしないでもないな。
しみじみ,かっこいい。
a0062697_2250852.jpg

2007年 07月 31日 |

ツマから聞いたハナシ+見たハナシ
その1
a0062697_10433890.jpg
昨日は夜勤。朝からずーっと働くのだけど,たまに15分の休憩時間がある。
職場の窓から,ワガヤは丸見え(やれやれなことに,そうなんです)。
15:15からの休憩時間。
窓の外を見ると,ツマがスコップもって,その辺をうろうろ,キョロキョロとしている。
なんとなく悟るものがある。
きんぎょ,死んだな,と。
それからは死角になって見えないけれど,どうやら,ラベンダーの株が植わってるあたりに,埋めたようだ。

帰宅。
あれ,玄関の靴箱のところに,水道水のカルキ抜き,マリーゴールドⅠという変な名前の金魚のえさ,水槽内に置く「たこつぼ」なんかが入ったホーマックの袋が置いてある。水槽には,そよそよ水草も投入されてる。あれ?

けど,やっぱりきんぎょはいない。
聞くと,きんぎょを眺めるのはいいもんだと思い,ではと言うことでグッズを買いに行ったのだけど,帰ったら,きんぎょはしんでいた,ということだった。

南無。
もう,旅立たれてしまいましたか。
a0062697_10542815.jpg

2007年 07月 30日 |

a0062697_2295937.jpg
ムスコが夏休みなので,ツマの実家にお泊りにやりました。
期間は,不定期な雰囲気。
ま,3泊くらいなんでしょうね。
ムスコも,別れ際に,ツマにしがみ付いたりなんだりしてたけど,問題はムスメ。
帰りの車で,にいーちゃんいないと騒がしいったらない。
a0062697_2210251.jpg
お花は,実家のお庭。
マクロレンズでちょっと遊ぶ。
お花がいっぱいあって,楽しいですな。
貸しているD50,引き続き置いてくる。
実家では,Canonの4年くらい前のPowerShotをもっていたのだけど,CCDが逝ったようだった。
D40のボディ,46200円か・・・。
K10Dのボディだと,92000円か・・・。
勧めてみようか。
a0062697_22103739.jpg


帰宅したら,金魚はまだ生きてる。
元気だ。
ムスコが何故か「シーサー」って名前をつけていたけど,すぐ忘れて「きんぎょ」と呼んでいる。「シーサー」は,ちょっとなんだろ,自分で忘れるくらいなんだから。
「赤ミーバイ」,はどうだ。

おっと。
今週は休みナシ。
ひたすら働きます。
by plaster_er | 2007-07-30 08:00 | Night Shift |
2007年 07月 29日 |
a0062697_11572430.jpg


More
2007年 07月 28日 |

朝っぱらから,祭りの手伝いにかり出されました,の巻。
a0062697_22245956.jpg


More
2007年 07月 27日 |
祭り行きました。
まず昨日。
身近な町内会のやつ。
居住地がらみではなく,カイシャがそこにあるので,出なきゃならない。
a0062697_221576.jpg


More
2007年 07月 26日 |


a0062697_15213738.jpg
剣道大会出場をついに断ることに成功し,帰宅。
やれやれ。
今まで3回くらい出たのかな。
やられまくってた。
ほとんどシゴトで剣道やってるようなヤバイ相手に当たると,大変なことになる。
ワタシは背が高いので,すぐ小手を狙われる。
やってるときは分からないのだけど,負けて防具を外そうとすると,腫れてて外せない。
すごーくうまいヒトだと,気持ちいいくらいにスッパンと面を決めてくれるのだけど,ワタシのクラスだと,そうもいかない。初心者の上に,柔道上がりの人なんかもいて,打突するより押してくるという感じ。場外反則を取られかねないので,こっちも押すので,剣道というより小突き合いみたいなることもある。
・・・ん?,別に負けたいという訳ではないのですが。
「道」とか,「心」が入るのが,ちょっと合わなくて。
バトミントンみたいに,気軽に出来て,かつ本気でやるとすごく奥も深い,という感じにならないもんですかね。軟弱なもので。
a0062697_16445047.jpg

スーパーマリオ。
スーパーマリオと言えば谷山浩子かと思っていたけど,ちとすごいのがあった。10分以上あるビデオだけど,5回以上見てしまった。マリオ音楽,おそるべき。

留守番中。
車はあるけど,カメラがない。
ツマ+コドモが,お友達とチャリで遊びに行ったのですね。
ムスコ,友達とチャリでどちらが速いのか,普段から(言葉だけで)張り合っているらしく,いよいよ勝負するみたいです。
面白そうなんで,ツマにD80をもっていってもらった。
それを忘れてて,出かけようとしたら,カメラないことに気づいた。
D50は,義母に貸してあるので,ない。
仕方ないな。
つらつらとネットを眺めて過ごします。

夕方から,町内会の祭りでひと働きしなきゃならないな。
a0062697_16494257.jpg
D80,2万ショット超えました。
2007年 07月 25日 |


シゴトは,下げ潮。
んなもんで,一日中職場の広報ビデオを作っていて,ようやっと画像とテロップとナレーションが最後までつながった。
動画は,難しい。
何が難しいって,「広報」なこと。
広報って,なんでもしっかりしててキレイで先進的で正確で,というイメージで作らなきゃならない,という暗黙の了解があるような感じがする,というのがワタシにとって難しいと感じさせる一番のことです。
はい,当然,どこでもあいまいで汚れてて前時代的でいい加減,というところをはらんで人間なり組織なりが存在しているんでしょうな。キレイに飾ってもいいけど,のっぺりする。
こころを虚しくして,目的を果たすだけなんだけど,そういうことが難しいと,こころがつぶやくのです。
a0062697_00469.jpg

あと,映像にかぶせる音楽。
こんなにクラッシックを聞いたことないな。
当初,エリック・サティのジムノペディを流していたんだけど(1番「ゆっくりと悩める如く」,2番「ゆっくりと悲しげに」,3番「ゆっくりと厳かに」っというのが,良い悪いを含めて合っている),さすがに内省的に過ぎるので,気に入ってかつ懐かしいルロイ・アンダーソンの曲を入れた。(ん? 大丈夫か著作権?)

お暇でしたらどうぞ。
シンコペーテッド・クロック
そりすべり
ラッパ吹きの休日  ・・・など。
使えなかったけど,タイプライター(The Typewriter),真面目なシゴト時間に,真面目に聞いてたら,実にイイ。

おっと,ひたすら働きます。
by plaster_er | 2007-07-25 12:18 | Night Shift |