つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2008年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 04月 30日 |
a0062697_21534969.jpg
見ての通りの五稜郭でございます。
夜勤明けで眠かったけど、今が盛りということで行ってみた。
100mくらいの展望タワーがあり、そこからの眺め。
ほんと面白い形です。
桜、より、この形です、やっぱり、関心を引くのは。
a0062697_21561572.jpgすべてはこの辺から始まるんだろうか、やっぱり。

ぺるり。

浦賀に続いて1854年、函館にもぺるりがやってきた。
交渉しに来たわけだけど、けっこう悶着があつたようです。
そもそも、現場である松前奉行では、函館が開港したって幕府から知らされてない地点から話をしなきゃならなかったので、まあ大変だったのでしょう。
このときに、写真が伝えられたりしたようです。
水兵が死んで、それが外国人墓地になったということです。

幕府はこれはやばいということになったのでしょう。
松前藩領を除いた蝦夷地全域を直轄領にして、ハコダテ対応の役所・函館奉行を置いた。
(この建物は、現在復元工事中。)

海岸砲台を作った。
んでこの五稜郭も作った。
作った人は、武田斐三郎という人。
オランダ語の本一冊を読んで作ってしまったという天才だったようだ。
このオランダ本のネタは、ルイ14世に仕えていたフランスのヴォーバンという軍人。
五稜郭みたいな形(多角形星型=稜堡式城郭)の築城方式を確立した人だ。

中世のおとぎ話みたいなお城だと、大砲の飛距離と威力が進化してくると、すぐやられてしまう。
石造のお城に砲弾が当たると、その破片が飛び散って余計に被害が大きくなる。
標的になりにくいよう城はできるだけ低くしなければならないし、城壁は石なんかより衝撃を吸収する土塁の方がいい、となっていく。
星のような形は、攻撃時の死角をなくすという意味合いがある。
同時にそれは、目標を複数の地点から攻撃できる利点にもなり、とても合理的な形だということになる。a0062697_144883.jpg

本体から突き出している島状の部分をラヴェラン(半月堡)という。本体への通路や橋を守り、近接攻撃を第一線で防御する。
フランスはもちろん、アメリカ、カナダ、イタリア、オランダ、フィンランド、ドイツ、ロシア、そして日本やベトナムなどでも稜堡式城郭が作られるようになった。
こうした城を持つ国の都市が集まって、たまに世界星形城郭サミットというのを開いている。

・・・GoogleEarthでそういうのを探していると、軽く3時間はたってしまう。眠い。
30箇所くらい見ることが出来たうち、もっとも美しいのはコレ。
フランスのリールにある。
もちろん、五稜郭も均整がとれていて素晴らしい。
このあたりは衛星写真の解像度と、撮影した時の光の状態なんかも関係してくる話。
a0062697_1151213.jpg

a0062697_1242662.jpgさて。
榎本の蝦夷共和国が五稜郭に入城・占領して明治元年。
翌年には新政府軍が青森から進攻し、土方戦死・榎本降伏・蝦夷共和国消滅となったのが翌明治2年。

その後の五稜郭のことを調べてみると、これがあまり使われていない。
練兵場になったり、砲兵部隊が置かれたこともあるけど、大正2年には市に譲られて、さくっと公園になっている。スケートリンクになってみたり、史跡に指定されたり、博覧会の会場になったりと、「一般の利用」の場となっている。

明治32年に要塞地帯法というのが出て、同時期に函館山に大規模な要塞が建設され始めた。
函館港・津軽海峡の守備を考えれば、山にあって当然。山全体が要塞化されて、太平洋戦争が終わるまで、地図にもない山だったし、シャシンを撮ってもだめだったくらいな軍事機密。
そんなことも関係して、五稜郭の意味がなくなっていったのだろう。

と、同時に、港や海峡を守る海岸要塞は別として、
「城」というものが、更に時代が進むと意味のないものになっていったようだ。
コストがかかるし、今度は大砲じゃなくてヒコーキにやられる時代がきた。
城はなくなり、現代の城と言い得るものは、「塹壕」になったということだ。

で、ここで花見が出来るんですね。
a0062697_1502957.jpg
a0062697_1505639.jpg


More
2008年 04月 28日 |

a0062697_22341397.jpg一生懸命働いて、定時に帰宅な日です。
入れ替わりにツマが小学校の父母会へ。
ほとんど参加しておらず、参加した人だけで役回りを振ったので、役が2つもついてしまったと、プリプリしながら帰ってきた。

一夜干しのいかにビールな夜です。

名刺、印刷屋に頼むのももったいないような気がして、Amazonで買った名刺用紙を使って、ちまっと自作しました。新しく買ったプリンタを初めて使った。
別になんてことはないけれど、お利口な感じだ。

スキャナはまだ使っていない。
そう使う機会はないだろうけど、機能は多けりゃイイという貧乏症的な動機で、流されるように複合機を買ってしまった。
EPSON→Canon→hp ときて、またEPSON。

EPSONのプリンター(のインクカートリッジ)を改造して、別体のインクタンクからインクを連続供給するという、刺激的なページがあることを思い出した。

実家用に、と思って、入学式やら入園式やら、最近の家族シャシンを、2L版で60枚ばかり印刷してみた。インク、1/3から1/2くらい減った。
6色インクで、各1000円か。ほんと、連続供給したくなる。
けど、ICチップ付のインクカートリッジでは、無理かな。
by plaster_er | 2008-04-28 23:00 |
荒天
2008年 04月 27日 |
a0062697_2237502.jpg
えらい荒天だった一日。
今でも風がすごい。
海の近くの道では、砂まで飛んでました。
何もせず、無線LANの設定などをちまりちまりといじったりして過ごし、夕方から函館空港の周りを車で適当に走ります。
3000mの滑走路。丘珠のちょうど倍の長さで、外周のフェンスもかなりしっかりしたものがついている。いい場所がないかと周りをずっと走ってみた。
ジャガイモの出荷選別施設の横を通るおんぼろ道に来たあたりから、ミニパトに追跡された。

滑走路の東側どん詰まりで車を停めると、突然パトライトを点灯。
気にせずにいると、10分くらいして引き返した。
うーむ。
華信航空(マンダリン航空)のボーイング737。
ここで反転して離陸していく。
この場所からだと、あっという間に視界から消える。
強風で、機体がユラリ、というのは撮れなかった。
台湾からのお客さんを満載しているのでしょう。
a0062697_23162285.jpg

2008年 04月 26日 |
◆myiさん

(コメント欄字数超過につき、こちらで)

初めまして。こんばんはです。
実は最近あんまり意気が上がらないのですが、何かを撮ってココに載せるということを細々と続けています。以前から見ていただいていたとのことで、大変嬉しく思いました。
これからもよろしくお願いします。

myiさんのブログのリンク先が分かれば話も早いのですが、
想像してみるに・・・

ログインした状態で
・トップページの「設定」
・左側のメニューから「環境設定」
・その中から(中段ほどにある)「コメント権限」まで行ってください。

「コメント権限」が
「すべてのユーザー」だと、コメ欄が誰でも見られるし、誰でもコメントをつけられるはずです。
「エキサイトブログユーザー」だと、エキサイトのユーザーIDをもっていて、かつログインしているユーザーのみにコメ欄が現れ、書き込みできるという設定になります。
「コメント禁止」だと、そもそも誰も見られませんし書き込めないという設定になります。

次に考えられるのは、ちょっと難しいです。
さしあたり思いつくのが、
・スキンをいろいろと書き換えた結果の不具合。
・スキン特有のコメ欄の配置に気づかない(最終行に出てくるスキンもあります。)というところ。

いずれにせよ、myiさんのページが分かれば、もうちょっと原因の切り分けも出来るかな、と思いました。
a0062697_2235352.jpg

by plaster_er | 2008-04-26 22:37 |
2008年 04月 26日 |

桜が咲き始めてます。
10円ですがお参り。
(1+5+10+50円=66円 というのがほんとらしいが?)

こう、とっさにこういうところでお参りするとき、二礼二拍一礼だとかじゃなく、ほんのちょっぴり数秒くらいの短いあいだ、ちょっとお参りする時って、なにを心に唱えるか。

「ああ、何を唱えるか考えてるなジブン・・・」って考えてしまう。
「ああ、何を唱えるか考えてるなってことを考えてるなジブン・・・」、
「               同    上            って考えてるなジブン・・・」  とか。

「ぅうーむ。む、無病息災、かな。えっと、そう、それですから、それでお願いします」
と、なんとかお参りすると、何十秒も要してしまう。
a0062697_2159649.jpg
a0062697_21595348.jpg
a0062697_2201071.jpg
神社の裏手から函館山の方に登る道がありました。
「マムシに注意 この先登るな 函館中央署」的な看板があります。
無視して登ると、野鳥の観察小屋がありました。
非番な一日。
2008年 04月 26日 |
a0062697_21512697.jpg

by plaster_er | 2008-04-26 21:51 |
2008年 04月 26日 |
a0062697_21432617.jpg

by plaster_er | 2008-04-26 21:49 |
2008年 04月 24日 |
a0062697_22383766.jpg
気がつけば、春じゃないですか。
春の兆し、というのもすっ飛ばして、春半ばですね、完全に。
通勤路(今度は10分ほど歩く)の桜なんかも、咲き始めてます。
なんか、置いてかれた気持ち。
平地で雪が解けた頃に、あえて山間なんかの残雪を見に行く、なんてことをしてないからかな。
今日は、雨降って、気温も低めの日でした。
糖質0のビールと、一夜干しのイカを少し。+石川啄木読み始めてみました。

レンズ2本買いました。
(初の、ツマに黙ってネットでポチ、というのを敢行してみました)
なんか書こうとも思いましたが、今はめんどいです。
(最近のシャシンのEXIF見れば、分かる人もいるでしょう)。
買ってよかったです。

明日は夜のシゴトです。
2008年 04月 23日 |
a0062697_22425170.jpg
来月に、シゴトで1週間ばかり札幌に行くことになった。
企業内研修や医療関係スタッフの研修などで、ちょいと流行の心理学的トレーニングについて学んでこいというのが内容。
アメリカからこういう新しげなコミュニケーション法というか自己表現法みたいなものは、油断してると次々に登場してくるので、フォローする気にもならなかった。企業研修とか、ビジネス雑誌で紹介されるだとか、商売になるものも結構あり、原著をものすごーく薄めたような関連図書も出たりするのだけど、いつしか忘れられていく。

札幌に行けるので、そんなことはどうでもいいと思いつつ楽しみにしていたのだけど、話が変わる。
東京でやるんだと。
あ~あ、だな。
by plaster_er | 2008-04-23 23:01 | Night Shift |
appupi
2008年 04月 23日 |
a0062697_013238.jpg
飲んだくれていたりします。
早くも頭痛なんかが。