つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
<   2008年 09月 ( 61 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 09月 30日 |
a0062697_19252782.jpg
まあ、この馬がロックオブジブラルタルではないんですが、イメージでw


日刊スポーツの懸賞に申し込んだのは、ツマなんです。
当てたのもツマ。
どーするか悩んでいるようですね。
そりゃ、悩む。
リスクを負いつつ、毎月5千以上払うのだから。

権利が当たった馬は、父・ロックオブジブラルタル、母・ドリームヒット、母父・フォーティナイナーという血統です。
父はイギリス・アイルランドのマイル戦線でG1を7連勝してミルリーフの記録を更新したという最強マイラー。
このころ、CSでグリーンチャンネルを見ていたので、海外競馬情報の番組でその存在は知ってました。引退レースはBCマイルで、惜しくも2着だった。
日本では、1年間だけ種牡馬としてやってきて、しかも途中で買い戻しにあって帰国してしまったので、この世代しか産駒がいない。新種牡馬っていうのは、いつでも未知の魅力かあるよなぁ。

母はJRAで1着1回-2着1回-着外2回。
初仔のロスチャイルドキー(父アサティス)が公営岩手で走っていて、1着0回-2着1回-3着1回-着外4回の成績。
まだ母の能力は分からないな。

未知×未知
不可知×不可知
ああ。やっぱり競馬なんだなぁ。


賞金を稼ぐかどうか、きちんと回収できるかどうかは問わないでも、「追いかける馬」がいると競馬は実に楽しいものだ。
最近はとんと好きな馬もなく、レースの展開はもとより、勝ち馬だってぜんぜん頭に入らないような感じ。一頭の馬を見守ることで沸き起こるドキドキとワビシサをまた味わうことが、できるんじゃないだろうか、ってかんがえたりする。

なんだかんだ金がらみのハナシをしたけど、ジブンはケイバロマン派なんだなぁ、と。
by plaster_er | 2008-09-30 19:48 | Night Shift |
2008年 09月 30日 |
a0062697_1859242.jpg
さて。
大雑把には前記事どおりだとして、小雑把なハナシの方が大事だったりするので引き続き。
1口馬主は、実は馬主ではない。
馬主の特権といえば、賞金を手に入れる他に、競馬場にある専用の馬主席に入る権利、馬が勝利した場合、ウイナーズサークルで表彰式に出られる、牧場や厩舎、トレセンなんかに出入りできる、競馬関係者に意向を伝えられる(次走は何々レースにしろ、騎手は武豊にしてちょ)などがあるけれど、一口馬主にそれらの権利はいずれもない。もし、馬が大レースに勝ちまくって、種牡馬になったとしても、その後の種付け料などを得る権利もない。
あくまで、馬の代金の100分1を支払って、獲得した賞金などの100分の1をもらえるというだけです。
その馬の馬主は、実は別にいます。それをαとしましょうか。ま、「なんとか会社」であることが多いのでしょう。
一口馬主を募集する宣伝をしたり、その管理をする存在はまた別で、これをβとしますか。「なんとかクラブ」など、分かりやすい名前が多いです。ちなみに、一口馬主のことは「会員」と言ったりします。
αとβは「つるんで」います。

βは、いろんな馬を宣伝に出し、一口馬主を募ります。そのカタログたるや、分厚いフルカラーで、その馬の馬体をようく検討きるような構成になっています。また、血統は父系・母系とも最低5代血統表を載せたものが大半で、その他、生産牧場からの出生時のエピソード、セールスポイントなどの内容をぎっしりと盛り込んでいます。ま、モノを売ってるのとかわりません。また、所有している馬の近況などについて、レポート誌を発行したり、HPを運用するのもβの重要な役割です。
βが一口馬主を募って集めた金で、αは馬主として馬を運用します。賞金を稼ぐと、おおよそβに渡され、βは各馬主の口座に振り込むなどの実務を行います。

一口分の権利金に加えて、その他の諸経費が毎月がかかります。
まず、βに払う会員料。今回のクラブは月に3150円
次に馬の維持費(飼育管理費)。馬によって違いますが、1頭あたり40万から100万円程度です。今回のクラブは月60万円。それをその馬の会員数(500口)で割って月々負担します(1,200円)
最後に、損保に払う競争用馬保険(1,368円)
 例>(1000万円の馬・100口募集・3%負担の場合:30万÷100口→月3,000円)
 例>(三井損保:2、3歳時の不慮の死または予後不良に対し、100%保障、4歳以上は70%、競争能力喪失または障害馬には不適用)

ざっと、月々5718円ほどかかる計算になりますな。

10万円で一口買ったとしても、馬が賞金を稼がないことには損をします。
競走馬の世界は実に厳しく、そもそも競走馬としての育成に耐え、無事競馬場でレースに出走することさえ簡単ではありません。年に7~8000頭のサラブレットが生まれ、競馬場でデビューできるのは4000頭ほど。途中で死んでしまったとか、体質が弱かったとか、小さい頃に牧柵に当たって怪我をしたとか、そもそもレースに出るということ自体が困難です。
出たら出たで、1勝もできない馬もまたたくさん。


し・か・し
「友駿ホースクラブ」という一口馬主クラブがあります。
「シチー」の冠名がつくのでおなじみなクラブです。
少し前まで、タップタンスシチーという活躍馬がいたのを覚えている方もいるかもしれません。
ジャパンカップを衝撃の逃げきりで買った馬です。その他G1の宝塚記念にも勝っており、重賞勝利もたくさん。
1997年に、価格3000万円を500口に分割して売り出され(一口6万円)、この馬がレースを走りまくって獲得した賞金は10億8,422万円にもなりました。
一口6万円が、217万円になったことになります。
回収率は3600%超にもなり、これはクラブ馬としては日本歴代1位の記録にです(ちなみに2位は、一口95万円が1908万になったステイゴールドでした。社台サラブレッドクラブ)。


そういうこともあるし、こういうこともある。
結局、投機に似てギャンブルに似て。
そう、結局競馬なんだなぁと。
by plaster_er | 2008-09-30 19:24 | Night Shift |
2008年 09月 30日 |
a0062697_2321853.jpg
日刊スポーツ1口プレゼント
当選おめでとうございます
当歳馬(父ロックオブジブラルタル×母ドリームヒット)
1口(44,100円)の出資権利
この度は「日刊スポーツ1口プレゼント」にご応募いただき、まことにありがとうございました。
厳正なる抽選の結果、貴殿がご当選しましたので、お知らせいたします。
云々


世に一口馬主、というものがあるのを知ってる人は知ってるし、知らない人はそのうち分かります。

競走馬を所有している人は、馬主っていいます。
馬の持ち主ですからね。
競走馬は高額なもので、馬主はだいたいお金持ちです。
さらにJRAの場合、馬主になるには「基準」があって、例えば居住用資産を除いた資産額が9000万円以上、連続して所得が1900万円以上なければダメ、とかそういうお金持ちであるため証明をクリアしていないと馬主になれません。
一般人はとても無理なハナシですね。

っと言っても、一般人も馬主にさせろ!というハナシではなくて。
自分の馬として馬を応援したいだとか、馬主気分を味いたいだとか、それともちろん金儲けのためなどに、一般人にも馬主になれる方法があります。
それが一口馬主、というやつです。

要は、1000万円の競争馬がいたとしたら、それを100分割なり1000分割なりして細分化します。100分割なら、1口10万円になります。100人分その馬を買う人がいたなら、その馬は「完売」です。
馬がレースに出て、例えば2000万円の賞金を稼いだとしたら、分け前は100人で割った額・20万円になります。
この時点で「元はとった」ということになります。回収率200パーセントですね。

うははは。
by plaster_er | 2008-09-30 18:57 | Night Shift |
2008年 09月 28日 |

恵山のホテル恵風で一泊してきました。
途中、ありったけぶらぶらとしてシャシンも撮りました。
きりがないのと、なんかF1が面白そうなコースでやってるのが気になるので、このあたりで終了です。

おっと。
ひたすら働きます。
a0062697_22503821.jpg

by plaster_er | 2008-09-28 23:05 | Night Shift |
恵山
2008年 09月 28日 |
a0062697_2238093.jpg


More
2008年 09月 28日 |
a0062697_2112402.jpg

a0062697_21125621.jpg恵山の風車二基。
道の駅のから見て、山側にあります。
あんまり回っているところは見たことないですが。
1500kwクラス。
道すがら、行ってみました。
高岱線という林道を2キロほど登った先にありました。
たぶん、この道は作業道だったのでしょう。

ドイツ・Fuhrländer(ファーランダー)の風車でした。
ナセルに入った紺色のラインと、風力記号を真似たFのマークが特徴的です。

動いていないわけを調べたら、
どうやら、3、4年前に、売電事業者だった三セク(恵山クリーンエネルギー開発)が破産しているらしいです。
もうちょい調べてみると、真偽は分かりませんが、あまり風が強くない立地だったのにも関わらず設置されてしまったらしいですね。
風向調査の結果なんかも、偽造されたとかされなかったとか・・・。

風車はどうなるんでしょうかね。
付随する電気設備は、まだきれいな状態に見えました。
2008年 09月 28日 |
a0062697_20203689.jpg


More
2008年 09月 28日 |
a0062697_1825318.jpg


More
2008年 09月 28日 |
a0062697_17513176.jpg
外気温7度な夜中。
ちょうど真ん中に、それがあります。

More
2008年 09月 27日 |
a0062697_1043317.jpg

by plaster_er | 2008-09-27 10:44 | Night Shift |