つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
タグ:たてもの ( 65 ) タグの人気記事
|
|
2014年 05月 20日 |
a0062697_2244123.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.4.4
songs

E26の100wシャンデリア灯×3の階段灯。
家中のすべての照明を点灯しても、この階段灯一つよりも消費電力が少ない。おもしろいもんだね。いや、オソロシイもんだね、なのか。

今どき、照明はなるべくLEDにしたいと思うのは当然でしょう。なので、ほとんどの照明をLEDのダウンライトにしました(天井埋込み式のやつね)。LEDのダウンライトにするという場合、そのやり方は2種類の考え方があるのではないかな。従来型のダウンライト(白熱灯や電球形蛍光灯等が入っているもの)にLED電球をつけるか、LEDの素子が直接入っているものにするか。

60w相当のLEDダウンライトでも、今や5千円もしません。発光時間が4~5万時間と長寿命ではあるものの、交換できないのが何か引っかかる。調光に対応するものが多いというのは利点ではあります。
従来型の場合は、当然LED電球に後から取り替えないとLEDダウンライトにはならないのだけど、灯具自体は2000円程度。2000円のLED電球に取り替えたとしたら、合わせて4千円といったところ。1500円のLEDでもそれなりのものが買えてしまうので、現状では従来型を取り付けておいて、点灯頻度の高そうな箇所からLED電球に取り替えるのがほんの少しお得といった感じだろうか。LED電球自体、保証値ではないが4万時間程度の寿命を掲げているものが普通にあるので、寿命の点でも見劣りはありません。ただし、買ったLED電球が「ハズレ」の場合(例えば1万時間で切れてしまった、など)、総コスト的には思いのほか高く付くかもしれないという可能性はありますな。
 
こう、二つの方針で迷ったらどうするか。迷うことさえ面倒くさいので、結局1階を従来型ダウンライト+LED電球、2階を直接素子の付いたLEDダウンライトにしました。で、どうだったかといえば、どうもこうもないですな。天井に埋まっている照明のことなんか、気にしないもんです、そもそも。

ペンダントライトなら多少はその存在を意識することもあるとは思う。ほとんどをLEDの照明にするということは未体験だったので、LEDばかりでは変な感覚になるかもしれないと根拠のない心配をして、ペンダントライトの何箇所かは白熱灯のままにしてあります。最初のシャシンもそんな照明の一つ。これを試しにLED電球に変えてみると、何故かつまらない灯り方をする。広配光タイプのLED電球だと、なかなか悪くはないものの、でもなにか違う。それが何なのかよくわからないけれど、感性的な側面では、現状だと白熱灯に分があると思えます。

こうやってね、LEDの良さと、白熱灯の良さをバランス良く享受するというのがオトナな感じなんですなあ~、と思いますね。
で、ジブンはそういうバランスが良くない人であるということも分かりましたな。ここが点いているとなにか心臓に悪い感じがして仕方ない。

ちまちまと消費電力とか灯具の構成とか価格とかを計算し、それらしい落とし所をやっとひねり出した一方で、エネルギー炸裂というか電力蕩尽というか大盤振舞いというか持手家泥棒というか、ちまちまとやった貧乏臭い計算を、あざ笑うようにピカピカ光りやがるのは、一体何なんだとも思うのですね。・・・いや、キレイではあるんですけど。
by plaster_er | 2014-05-20 23:34 |
2014年 05月 05日 |
a0062697_21394822.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.4.4
songs

うみ見えます。

2014年 01月 31日 |
a0062697_21312210.jpg
Jw_Cad Version7.11 / Nikon Capture NX ver1.3
songs

収納関係まできた。
パイプ・固定棚のピッチ、可動棚(ダボレール)、枕棚っうあたりを好みで付けていけばいいだけなんだが、とあるクローゼットについて、その中に入って窓の方を見ると、また違った視点の良い眺めであったことが分かった。
しまったそうかあ・・・

いろいろと考えたが、暮らしを犠牲にしてまで半坪の収納を潰してしまうことにする。そういう観点が重視されるのだ。
それでもちょっとは収納があってほしいから、あれこれやって絵がだんだん細かくなってくる。そのうち、収納というより造作家具のようなものになってしまう。値段も掛かる。
何回か簡易バージョンを描き直して施工会社に渡し、追加なしとなるまで簡略化する。考えれば分かるんだが、最初のなにもない案にもどったような感じになる。
 
収納をつぶして「居場所」をつくったのに、何故かクローゼットの扉はつける。眺めなんかどうでも良くなったら、ホントの収納にもどってもらうため。だからちょっと中途半端ではある。

なんだコレ、という部分の多い家だが、またそんな部分が増えてしまった。
by plaster_er | 2014-01-31 22:10 |
2014年 01月 21日 |
a0062697_15141634.jpg
LibreOffice Calc ver4.0.4.2 / Fenrir Inc PictBear ver2.04
songs


過去50年以上、約29万3千件のデータを落としこんでみると、ハコダテの風向きというのはこういう感じになると出た。
風向きなんてものはあくまでも測定地点のものであるし、周辺建物や地形や道路の位置等で相当変わるものだと思われる。が、過去50年分のデータであるし、これが全く意味のないものとは言えないのも事実であるな。
函館空港の気象特性(視程と気象特性は空港にとって重要なので、こちらにも観測データの蓄積がある)を見ても、おおよそ似た感じとなっている。
西よりの風が卓越しているというところは間違いないところだろう。
やっぱり西かあ・・・

でどうしたかというと、西側に台所のレンジフードからつながる給排気孔があるんだがどうしたらいいのか、ということで悩むのである。悩むとこのように机上の空論に頼るのである。
風が強いと、屋外の孔付近を吹き抜ける風が、ダクト内の空気を「なぶる」と言うか「引っ張る」といった現象が生じる。建物の気密の盲点でもあるし、レンジの内の部品も動いてなにやら音をたてたり、変に反響した風音がしたりもするらしい。確かに現在の家でも、レンジフードの近くでは、風が強い日にはおどろおどろしい感じでいかにも強風ですといったような音が聞こえてくる。ウルサイということはないが、新しい家ではもっとひどいことになるのは確実だろう。

風圧シャッターという手が普通だ。要は回転範囲を制限した「くるくる看板」と言うか「かざぐるま」みたいなもので、気密は望めないし、そいつ自体が金属音を立てるのではないかという気もする。わざわざ追加してまでのものでもないという予感がする。
電動シャッターをレンジフード内に仕込んでおく、という手もある。有望そうだが、情報はほとんどない。電気ものや可動箇所をあれこれと増やすのは気が進まないという点と、効果のはっきりしないものに費用を掛けるというのもどうなんだと思ってしまう。世の中であまり一般的ではないパーツは避けておきたいという気持ちもある。あと、当然追加料金だ。

ある程度、ジブンの性格を見越して予備費を最初からキープしておいた。
で、残りがあとわずか。なのに壁紙とカーテンは決まっていない。カーテンはそもそも良くわからないし、初めから足が出そうな事項であるなと思っていただけに、予算枯渇は厳しい。

シャッター自体の値段は全体から見れば大したことはないのだけど、なんだかんだと考えてしまうな。
by plaster_er | 2014-01-21 16:12 |
90%
2013年 12月 13日 |
a0062697_2240429.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.4.4
songs


なにか家ができてきたのたが、ちっとも見に行っていない。
基礎が無了解のまま変更されていたので、今日は打ち合わせ等で過ぎていった。

暴風の中、現場に出かけて行って、初めて中に入った。
先端部分を「く」の字に曲げてある。下の絵で言えば右上の霧にかすんだような一帯のこと。
ここがリビングになる。わあやっぱりなんだか、非合理的だ。
ふつうのハウスメーカーで、2×4だし、あんまり施工を困難にしてはいけないという事情から、しぶしぶ45度に曲げてある。ほんとうは30度くらいに曲げたかった。・・・けど、まあまあだ。

全部、海を見るためだけに仕込んだことで、ほんと後はどうでもイイのであるのにな。やはり一つ一つこだわってしまう。疲れることだ。
天井伏図ももらったし、梁の位置もシャシンに撮ってきたので、照明の詳細位置決めに取り掛かるとするか。
2013年 11月 03日 |
a0062697_9414544.jpg
Google SketchUp ver8.0.16846
songs



けっこう時間が過ぎたようです。
あっと言うまに秋&初冬といったふうになっていました。
夏過ぎまでシゴトが忙しく目が回りそうでした。忙しいだけならいいんですが、難しいことが多く、分からなさ過ぎて体と脳みそが動かない、といった感じでした。
まあ終わったからよかったです。

そんな中で、土地を買いました。いろいろ悩み、勉強もして、お金の算段をして、多少のトラブルもなんとなく解決しつつ。
いろいろかんがえたとは言え、これで良かったんだろうかと未だに落ち着かない。しかし、苦労と危険があるのは分かっていつつも、ジブンは結局そういうことになるのであるとも思ったり。
目の前が海です。海しか見えません。
結局そういうことになるのだなぁと、なんというか、おもしろいことです。

次は家をどうするか。海の土地に決める前から、他の土地の候補もあったので、結局50パターン以上のプランをSketchUpで描きまくりました。寝ない日もあったかな。

で、こんな家になりました。あれこれありつつ施工業者も決定。実家を説得し、地鎮祭を済ませ、かなりの杭を打ち込みました。
現在もいろいろお金の算段やら、細かいハナシと予算の監理が日々進行中です。

ごめんなさい、ここを無反応状態数ヶ月にしてしまって。
2013年 04月 10日 |
a0062697_22453813.jpg
Nikon D50 / Ai AF Nikkor 50mm F1.8D / Capture NX 1.3.5
songs



いちお、この家の春のシャシンもあったりした。
春といっても、まだ緑が出てこない北海道的な「茶色の春」の頃ですけど。

-------------------------------

家のことを考えるのは、疲れてしまうな。
前の記事は、かんがえた家の間取りを載せてみたんです。
ラクガキみたいなものだけど、ちょっとNG入ったのであんなふうにしてあります。

この間、初めて建築家とあって話をした。カッチョイイ自邸を訪問して話を聞いてもらったのだ。
シゴト柄、職長さんや現場代理人と話をすることはある。しかし建築家という人と話をするのは初めてではないかな。
そういえば親戚に一級建築士がいたな。よく雑誌に載っているらしいが、話をしたというのはコドモのころだった。もちろん建築の話しなんかはしていない。

ようく考えてみると、ここ20年ばかり住んでいた住まいは、どこでも窓の外の眺めが残念なものだった。今もかなり悲惨な方で、今いるPCの部屋の外からは、ジブンの職場の事務室が同じ高さにあって中がお互い丸見え。昼でもだいたいカーテン開けていない。居間の窓も、非常に宜しくない光景が丸見えな状態。いくらなんでもカーテンは開けているが、外は見ないようにしている。レースのカーテンは絶対だし、椅子やソファも置いていない。アイレベルが上がってしまうので、なるべくバルコニーの立上がりの壁より低くく生活している。フロアライフと言えば聞こえは良いが、そうしないと落ち着かない。

要するに、「眺め」がほしいという理由があるだけだ。ジブンのライフスタイルとかこだわりとか低アルデヒドとか無垢のフローリングとかは、ほとんどというかもう全然どうでもいいようなことなんだと思う。間取りとか考えるのも飽きてきたように思う。


一方で、ある種の願望を突出させた家というものも、あんまりよろしくないということも分かる。
あの坂道と細道に耐えられるか、接道条件を飲めるか、3階建て必須の建物の資金は無駄か、ハコダテ人になるのかキミは・・・等々。

考えたり、選び取ることがおおいなほんと。

こんなふうに文字にしてみると、勢い落ちてきた。
(そう言えば、買い物苦手だったジブン・・・)
2013年 04月 05日 |
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

2012年 12月 06日 |
a0062697_23212068.jpg
SIGMA DP2 / SIGMA Photo Pro 5.3.1 / R13
songs


仕事が好き

by plaster_er | 2012-12-06 23:34 | Night Shift |
2012年 11月 15日 |
a0062697_2283464.jpg
SONY Xperia GX SO-04D / Capture NX2 2.3.4
songs


平日の休み。とろとろと一人でドライブ。
ふるくさい曲を聞きながら。
何か考えているようでいて考えてはいない。
文章を綴るように考えてみるが、すぐに断片化して消えていく。
あれっとまた我に返って、再び順序良く考え始めてみるが、ふわぁぁっと消えて行く。
でもまあ、悪くない。

車はほんとスピード出さなくなった。
警察を気にしなくてもイイし、燃費は20km/Lくらいまで伸びる。
いいことだ。
夏タイヤで走れるのはもう残り少なくなってきたな。

カメラは、持って行かない。行く気がしない。
スマホで撮ってみた。
ファインダーがないと、これほど撮れないことが多いのね。

途中、昼時を迎えて少し腹が減ったので、
セイコマートのクロワッサンを買って、走りながら食べた。
店で焼いているので、普通のコンビニにあるやつより美味しいのだ。
しかし、車の中でクロワッサンかよ。
ぱらぱらのパンくずに気づくと、滑稽で、いとおかしなことで、
ぬはは、と軽く一人でわらったのだ。