つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
タグ:たてもの ( 65 ) タグの人気記事
|
|
2010年 01月 31日 |
a0062697_2192970.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


江差の冬。
松前と並んで北海道の中でもあまり気温が低くならない地方だ。雪も少ない。
ただ、風が強く、そのため非常に寒く感じる。気温が高く雪が少ないと言っても、「温暖」というイメージはまったく当てはまらない。
強風を利用して、町内には30基以上の風車がある。更にまた新しい風車が完成間近になっていた(2000KW級5基)。

旧中村家にいってみた。
以前に横山家という似たような廻船問屋を見に行った(その1その2その3)。
いずれも北前船による交易で栄えた商家だ。
両者は似たようなものだが、こちら中村家の方は「旧」の文字がつく。
つまり、横山家は現役の当主が実際にいるのに対し、中村家の方は既に引き払っており、実際には使われていないということだ。
聞いたところでは、町の教育委員会に引き渡した後、札幌に移り住んでいるという。
確かに、横山家の方が、(極力にじみ出ないように配慮しているようだが)生活感のようなものがあり、こちらはガランとしきった感じがある。

建物内はぞくっとするくらい寒い。
往時はもちろん相当の商家だったのは間違いなく、当時の住宅の中では暖かい方だったはずだが、それでも昔の家の寒さというもの、人の住んでいない家の寒さというものを味うことができた。
夏はひんやりしてさぞ心地よいだろう。

More(×6)
2010年 01月 31日 |
a0062697_20581932.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

明治のガラスにひきよせられた。


More(×6)
2009年 12月 09日 |
a0062697_2340372.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


ニコンの標準ズーム AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED。けっこうお高めなやつです。そろそろ買って1年くらい過ぎようとしていますが、ブッシュ政権末期のドル安時に買ったので、お得なことはお得でした(最近またドル安ですね)。

↑ こういうふうに、なんの工夫もない写真を撮るんですが、ワイド側の24mmは、こんなにも歪みます。
35mmくらいからは気になりません。
だったら歪みが気にならない焦点距離で撮れということなりますが、けどこういう場所は、空間につられるままにワイド端でこんなふうに撮りたくなる、と言うか撮らされちゃうじゃないですか。わざわざ床のタイルの数を数えて真ん中に立って撮ったのがかえって災いしたという感じ。

一応、ニコンの現像ソフトには「ゆがみ補正」という機能がある。しかしやってるうちに何がなんだか分からなくなるので、普通に使うという訳にはいかない。やりようはあるんだろうけど、そもそも画質に影響が出るのもいただけない

では、FX用の広角ズームが欲しいか、となるとそこまではいかない。
そんな余裕ないのよ最近。

More ※
by plaster_er | 2009-12-09 23:58 |
2009年 11月 30日 |
a0062697_22231161.jpg
SIGMA DP2


More(×4)
2009年 11月 03日 |
a0062697_22412540.jpg
Nikon D3 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

函館八幡宮に行った。
別にワガヤのコドモらの七五三とかで行った訳ではないが(雪だるま作りに行った)、七五三に来ていた人は何組かいた。

シャシンを撮っていたら、ある家族に写真をとってくださいと頼まれる。
新しそうなキヤノンのコンデジを手渡される。PかAにしようといじってみるも、ボタンが少なく、結局わからないのでそのままにする。ハナシには聞いたことがあったが、顔認識というものが自動で起動し、[ ]こんなフォーカスフレームが自動で出てきて、お父さんお母さんお祖母ちゃん子供さんの4人の顔にツツツッと移動しピントを合わせにいく。
たまげた。すごいす。

子どもさんは疲れ顔。なんとか2ショットはそれらしい写真になったはずではあるが。
朝から用意して写真館に行き、着付けをして写真を撮り、どっかでお昼を食べて神社に行き・・・と、子供さんもさぞ疲れたのだろう。

More(×3)
2009年 10月 31日 |
a0062697_21534790.jpg
Nikon D3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50


午後も遅れた時間から活動開始。厚沢部に行ってじゃがいもを買ってきた。道沿いに何ぼでも売っている。
規格外品で20kg、1200円。足が痛いのでさすがに運ぶのは大変だったが。
厚沢部町は日本におけるメークイン発祥の地で、交雑しないように町内では他種のじゃがいもは一切栽培されていない。ちなみに英国では「メイクイーン」であるが、日本では「メークイン」であるそうだ。

少し足を伸ばして江差まで出た。特に何をするでもなかったが、思いついて横山家に入ってみた。
a0062697_2219552.jpg
たぶん、11月になると、予約か何かをしないと入れないはずだ。それでもまだいい方で、冬になると見ることのできないところも多い。
横山家は18世紀後半から江差で廻船問屋などをしていた商家で、この建物は160年ほど前に建てられたということだ。しんと静まっていて、寒く、薄暗い。ほかに人もいなかった。8代目横山さん(のご婦人)によれば、長さは約80メートルもあり、昔は建物が直接海と隣接していたそうだ。

建物の一角には、蕎麦屋もある。当然、にしんそばを出すのだ。
鰊は、北海道の日本海側で獲れ、身欠き鰊にして運ばれた。にしんそばと言えば京都が有名だが、乾物の身欠き鰊は内陸・山間部で利用されていたもので、海に面して海産物に恵まれた江差で昔からにしんそばがあったというわけではないだろう。

建物内には、そばつゆの醤油っぽい香りがたちこめている。
これはちょっと、忘れられないような芳しさであった。
2009年 10月 31日 |
a0062697_21512588.jpg
Nikon D3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50


More(×5)
2009年 10月 31日 |
a0062697_21443774.jpg
Nikon D3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50



More(×5)
2009年 10月 12日 |
a0062697_1642246.jpg
Nikon D3 / Ai AF Nikkor 35mm F2D

はこだて未来大学の学祭があったのでコドモらを連れて行ってみた。
ほんとはこないだ行く予定だったけど、途中で金魚をすくいをしてしまったことで行けなかった。

大学は高台に位置し、広々とした敷地に建っている。函館山と函館湾がちょうど良く見渡せる。2000年に開学したばかりのまだ新しい大学だ。デザイン系と工学系と情報系が一緒になったようなような感じだ。
建物は、ガラスを使った極めて斬新な造り。特にその内部はすごいと思う。

「オープンスペース・オープンマインド」というのは、この建物の空間設計マインドであり、内部もパーテーションやガラス壁が多用されて、ご覧の通りまさにオープンといった感じだ。同時に、学生の基本的な気分にも反映してくるものでもあるんだろう。

風船スペースは、とても広かった。演奏会をやっていた。天気がよかったので、出店でタコライスやフランクフルトを食べた。

[注] 本記事の主語は全て「ツマ」です。ワタシはひたすら働きます状態で、行ってません。シャシンもツマ。ワタシは調整(ちと圧縮しすぎた)。レンズは35mmF2.0。軽いからコレを付けていったんだろう。
2009年 10月 12日 |
a0062697_16331296.jpg
Nikon D3 / Ai AF Nikkor 35mm F2D


More(×3)