つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
タグ:のりもの ( 105 ) タグの人気記事
|
|
2012年 12月 01日 |
a0062697_2165843.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.3.4
songs




ひたすら働きます。

2012年 11月 02日 |
a0062697_104191.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX 2.2.6
songs


2012年 10月 10日 |
a0062697_21321061.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.3.4
songs



ヒタスラハタラキマス。

・・・センカイマドデス。
カメラニ、レイン・ディフレクター
ッウモノヲツケテルヒトハ
サスガニ、イナイダロウナ。
シクミハオナジ。

2012年 09月 09日 |
a0062697_22503830.jpg
Nikon D80 / AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G (IF) / Capture NX2 2.3.2
songs


休みだったけど特に何も。
魚長というスーパーでアイスが半額になる日なので、午前中に早めに家を出て買い物の運転をする。夕食のカレーの後に「爽」を食べた。んま。

スマホがカーナビになるというのは薄々聞き及んではいたが、確かにそういう機能がある。
買い物時に設定してみると、いっちょまえにまもなく左です的なことさえ言い、全く知らない場所で使えそうだ。
しかし、ちゃんと取り付けないと危険なので見られない。視線に近い、エアコンのルーバーあたりに上手く取り付けられないか思案中。

家に戻り、買ってあったエルバン(おフランス製よ)のボトルインクを試す。Red eye(赤系)はにじむ。 Scotch Kilt(茶系)もにじむ。Over Again(??)もにじむ。Good Evening(青黒系)は非常ににじむ。特にOver Again、意味深な名前に惹かれたのだが、なんともつまらない色で落胆してしまった。
赤系のインクはこれというのがない。赤を入れたペンはなんとなく調子が悪くなるような気がする(プレピーに入れたプラチナの赤以外)。粉を吹いていたり、切割りの中で固まりかけているものさえあった。あんまり使わないので、さっさといいやつを見つけたいのだが。プラチナの赤は学校の先生が採点に使っているインクと同じだという事に気づいて、イマイチ使う気にならない。

ずっと雨降りだったので、午後になってムスコを車で迎えに行った。
どういうわけかムスコは今年から乗馬を習っている。今日はじめてその様子をこっそり見た。
あらかた終わって靴洗いをしているところだった。女の子なんかもいて、けっこう楽しそうではあった。
しかし宿題をしない。そういえば学校からのプリントも出さず、必要な情報がなくてツマが困ることもある。ちょっと注意しなければな、と思う。

ムスメは何してたかな。ずっと家で工作してたな。晴れていれば一人バドミントンをしていただろう。オリンピックを見て感銘を受けたようで、バドミントンでオリンピックに出ることにしたのだそうだ。ラケットを買ってやったら飽きずにやっている。
そう言えばムスメは造形教室に通っている。昨日はムンクの叫びを題材に何か作ってきたのだそうだ。

乗馬に造形ときたら、何やら高級な感じがしないでもないが、ぜんぜん違う。どちらもタダかタダみたいなものだ。

シゴトは頑張っているし、今年で3年目だからレベルも上がっているつもりだが、給料が下がった。7年くらい前の収入と同じだと思う。辛抱たまらず、ツマがパートを始めたりしている。

今日このごろでした。
2012年 07月 13日 |
a0062697_2324341.jpg
Nikon D50 / SP AF 90mm F2.8 / Capture NX2 2.3.0
songs



長いな。ひたすら働きます。

July 7
2012年 07月 07日 |
a0062697_23533638.jpg
Nikon D3 / Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW> / Capture NX2 2.0.0
songs



夕方から七夕で、コドモらがあっちこっちの家や店に行ってお菓子をもらってくる。
ほんとは、と言うか昔はちっちゃいロウソクをもらったようなんだけど。
しかし、その名残なのか、袋いっぱいのうまい棒やら飴玉やらのなかに、
一本だけロウソクが入っていた。

今日は晴れ。
きっと天の川が出ていることだろう。

2011年 10月 22日 |
a0062697_22121199.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX 1.3.5
songs



 最近NHKのBSプレミアムで、赤毛のアンの映画をやってますね。映画は初めて見ますけど、楽しめます。痛快?なのは「アンの結婚」。これは、おもしろいのかひどいのかよく分からなかった。

 アンとギルバートは長い婚約期間を送るのだけど、その間アンはニューヨークへ行って編集者となったり、自分の原稿を有名作家に盗られたり、ギルバートが第一次世界大戦(フランス戦線)に志願して軍医として戦場に行ったり(その直前に軍服姿のギルとやっと結婚する)、消息不明になってしまったギルをアンが赤十字に入って探しに行って戦場を駆け回ったり(赤十字のテントを敵が攻撃して爆風でアンが吹っ飛ぶ ! シーンもある)、表向き孤立主義をとっていたアメリカが水面下ではスパイ活動をしており、そのゴタゴタに巻き込まれて運び屋として修道女に扮してハラハラドキドキな国境越えを敢行したり、その途中で銃撃されたり、やっと故郷に帰ったらグリーンゲイブルズがボロ屋になっていたり、直そうとしたら火事になったり、フランスから戦災孤児を連れてきたりと、ものすんごい内容だった。日常生活の健康的な刺激や「人々が巻き起こすちょっとした出来事」なんてものではなく、想像力も美しい風景も何もなく、刺激そのものサスペンスそのもの激動そのものだ。

 第一次世界大戦との関係は、原作の最終巻「アンの娘リラ」でのメインテーマとなっている。アンの息子たちや親しい男性が次々と志願して戦場に赴くなか、末娘であるリラが、兄の戦死や、戦争孤児を引きとって育てる中で、成長していくといった内容。肝心のアンは、伝えられる戦況や子供たちが戦争に巻き込まれたことで、床に伏せってばかりであったのだが、映画では直接戦争の中に置いてアンを動かしてみたかったということなのだろう。
 
 非常に良くないシーンや(ボロ屋と化したグリーンゲイブルズを見た時のアンの反応の薄さなど)、なぜこれが赤毛のアンなのかという根本的な疑問もある。多くの人は、ひどく失望するに違いないとは思うけど、ジブンとしては、がっかりしたり、腹が立ったということはない。あまりに過酷な経験を通り抜けた後にやってくる、良いシーンもありますね。 
 
 
2011年 10月 14日 |
a0062697_22585329.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G ED / Capture NX 1.3.5
songs



ひたすらはたらきます

2011年 08月 30日 |
a0062697_21454966.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G ED / Capture NX2 2.2.6
songs



頭痛が続きます。
なんだってんだろもぉ。

2011年 02月 14日 |
a0062697_23572286.jpg
SONY NEX-3 / E18-55mm F3.5-5.6 / Image Data Converter SR
songs



新幹線は森を見る  
DT201、TR7002、直巻整流子電動機MT201形・・・ 


More