つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
タグ:ブツ ( 86 ) タグの人気記事
|
|
2014年 07月 22日 |
a0062697_14583156.jpg
Nikon D50 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.4.4
songs


もう一つ同形の船舶時計。セイコーのあんまり売ってない色のもの。枠のリングは省略されている。
食堂につけた。やっぱり、ふつうに、イイですね。

2014年 05月 23日 |
a0062697_2154672.jpg
Nikon D3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 / Capture NX2 2.4.4
songs



結婚以来かつてないほどにモノを買うハメになったのですが、ちょっとだけ気に入ったものを。

今まで生きてて壁掛け時計を買ったのはたぶん2回目。
結婚した時に買った掛け時計は、数年内のうちに落としてガラスが割れてしまったのではなかったか。

SEIKOの船舶用掛け時計です。正確には、パシフィックファニチャーサービス(P.F.S.)がSEIKOに別注したものを自社ブランドで売っているものです。
SEIKOって書いてないけど、SEIKO製です。色とかロゴはP.F.S.のオリジナルなのかな。けっこうどこでも売っているものです。

函館港にいる掃海艇のキャビンに、ペールグリーンの同タイプが掛かっているのを見たことが有ります。昔はバス時計としても使われていたとのことですね。
ほんとうの船舶用時計もSEIKOからは各種販売されていますが、それらは完全に特殊設備です。ネットじゃ買えませんし、そもそも高精度の親時計があって、それに接続される子時計として同形の丸型時計があるといった構成です。さらに非一般的なデザインでなかなかいいんですけどね。迷ったけどやめました。

あたりまえのモノがない、この国には

P.F.S.のコンセプトテキストにあった一文です。
そこまで深刻なことは思いませんけど、確かにあたりまえのモノっぽくてこれはイイですね。耐久性もありそうな気がします。
電池(単三×1)を入れて2か月ほど経ち、1分半ほど時間が進んだくらいで、電波時計ではありませんが実用にも問題ない程度の精度です。

More
2013年 01月 17日 |
a0062697_2163815.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.3.5
songs



またメガネ壊れた。
前に新しく買った時、ここに記事にした覚えがあるけど、
それはもう壊れていた。この時のことは記事にしていない。
で、古いメガネをかけていたのだけど、それが壊れた。
もうなにがなんだか。

壊れるのである・・・
壊れていくのであーる!

2012年 10月 13日 |
a0062697_21361792.jpg
Nikon D3 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED / SB-700 / Capture NX2 2.3.2
Pelikan M488 / Pelikan Ederstain TANZANITE
songs

 石田文具っていう道南では一番大きな文具店があって、そこでパイロットのペンクリニックが開催中。ペンクリニックというのは、万年筆の無料相談・修理・調整サービスのことね。

 せっかくなので、気になる2本を持って行ってみた。

 何かタイミングが良く、待ち時間は一人分。ジブンの番が終わる頃になると混んできた。ドクター(そのメーカーにいる調整の達人のことね)は鈴木勇氏。時折横方向にズジャリっと引っ掛かりのあったカスタムヘリテイジ912が、てんで滑らかなペンに変身してしまう。なにか帳面みたいに束ねた紙(のようなもの)に、ぬたぬたと◯を書いたり、みしゅっと半円(のようなもの)を書いて調整しているのだけど、あの紙は何なんだろう。いずれにせよ達人技というもので、煙に巻かれたような気分になった。

 年内に今度はセーラーのペンクリニックがあるらしいのだけど、セーラーのペンで調子の悪いものはないのだなぁ。
 ・・・いや、あるけどハイエースだなあれ。1000円のペンは、調子が悪くてもまあいいかということでお蔵入りになっている。
2012年 09月 03日 |
a0062697_14114172.jpg
Nikon D3 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED / SB-700 / Capture NX2 2.3.0

songs

 スマートフォンに取り替えました。ツマが携帯電話の修理をするというので店に行ったら、なんだか成り行き上そんなことになってしまったのです。

 やや昔、NHK特集かなにかで、「電子立国・日本のなになに」といった番組をやっていましたが、店には韓国製品がいっぱい並べられていて、ちょっと驚くとともに、やや残念な思いも生じました。電子立国日本って訳でもないんだね、もはや。でもですね、SONYとNECにしてきましたわ。

 この機械は大した進歩をしてますね。買った初日は何がなんだか分からなく、面食ってしまって投げ捨ててしまいたい衝動にかられましたけれど、一日で慣れました。こういう実用的情報的電子的機器について、前の携帯で1ミリの不便も感じておらず、ウインドウズXPとオフィス2000があればあと10年は戦えると思い込んでいるジブンでさえ、なにかしら進歩していると分かるのですから、大したものなのでしょう。

 で、ですね、結局スマホで何するかといえば、職場はセキュリティ上情報通信機器の持ち込みは禁止で、別に何も使い道はないんです。家に帰ったらパソコンも固定電話もあるし、別にスマホじゃないとダメだという場面がありません。内蔵のカメラも、ジブンは好きじゃなく興味もなし。だいたい、レンズは中央についているべきで、端っこにある時点で・・・

 結局、夜に布団に入りながら高画質で赤毛のアンを観る、というのが最大の使い道になってますな。わざわざテレビとかパソコンの前に行く必要もないし、寝る間際にホッとしたい時とか、赤毛のアンとかを見ないとダメな体質なんで(変態ではないですけど、そうなんですよ、もぉどうしょもなく)、気軽に見られるのが最高に便利ですね。いやほんと、これだけの高画質を至近距離で視聴していると、ちょっとした表情なんかがよく分かったりして、また新しい発見や感動があるんですなあ。
2012年 07月 19日 |
a0062697_19291715.jpg
Nikon D3 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED / SB-700 / Capture NX2 2.3.0
songs

 休み。
 昼ご飯を食べに行くついでに、D3と一緒にボーグを持っていった。
 たまに、津軽海峡沿いに走ってイカ刺し定食だのタコ刺し定食だのを食べに行くのが、このところの非番や休みの日の定番みたくなっている。その道すがらに何か撮ろうと目論んだというわけだけど、結局何も見つけられなかった。
 途中、海洋土木工事をしている港があって、作業船や警戒船がが出ていたのだけど、筒が風でブハブハと揺れてどうしようもなかった。ボーグのラインナップの中で、45EDⅡはニ番目に小さなレンズ(と言うか天体望遠鏡)なんだけど、それでも長い。シャシンにある黒いパーツを全部つけて、その先っちょに白い筒をつける。すると450mm相当の望遠レンズになる。「普通のレンズ」で450mmのものよりはコンパクトなんだろうけど、妙に長いのに妙に細い、はっきり行って、何じゃこれはといった外観になる。ピントも露出も全部ジブンでやるので、慣れない操作方法や、超望遠ということを差し引いても、とにかくいろいろとやることが多い。
 
 しかし、いろいろやることがあるにせよ、やれないわけではない。それより、撮るものが見つからなかったという事のほうが問題だ。

 ジブン、けっこう重症なんだわ。少しため息、というか、意外なことで笑ってしまう。
反動
2012年 05月 28日 |
a0062697_23421196.jpg

Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.3.0
LAMY Safari =EF= / pelikan Blue Black
songs



年に1回やる比較的大きな調査ものを半日程度で片付けるという予定を立てる。
エクセルで基本データを作って、それをシステムに吸い込ませて終わり、なはず。
今年からは、データ作りのための支援ツールというものが配布され、それで生成したデータしかシステムでは受け付けない。なんだかなあもう。
じゃあ支援してもらうしかないなということでダウンロード。
PDFのマニュアルが90ページばかり一緒についてきた時点でさらに嫌な予感。
読まねえよんなもん。
で、半日やったけど結局動かなかった。さらに残業するも、やはり動かなかった。

・・・最近、こういうのばっかりだ。

そんなのだったら、遅れてやった方がなんぼかまし。
締め切り間際に見てみたら「支援ツールの再々修正版の配布について」なんてメールが入っていたりするんだきっと。
それまでの間、あれーなんだこれーこれでいいのかあれこっちかと長時間格闘して(結局ムダで)、あれーやっぱりちゃんとマニュアル読まないとダメかと長時間かけて読んだりして(結局ムダで)多くの人たちが時間をドブに捨てるのであろう。

文書管理の新しいシステムが入り、片っ端から文書をデータ化して属性などを登録するという作業をこないだやった。新しいシステムなので、今までの文書も登録しなければならない。小さなワタシのカイシャでも、2000近くの文書がある。それで、一つの文書を登録するのに100近くのチェックボックスをクリックしなければならず、メニューの階層をたどるにもやたらとクリックを要し、終わった頃には右指が痙攣を起こすようになった。今でもたまに起こる。
珍しい文書なんてないのだから、なぜ「全選択」のチェックを作ってくれないのかと恨んだ。せめて分野ごとのチェックでも構わないのに。

反動が出て、予定表とかメモとか(社内の)メールだとかは、極力やめた。
仕方ないのは除き、全部紙とペンにした。
ペンはわざわざ万年筆にした。以前買ったLAMY safari(シャシンの白い万年筆)用にボトルインクを買ったのを手始めに、ほかにも万年筆を買い足し、ボトルインクも買い足し、使いまくっている。
メールは使わず、付箋紙に用件を書いたら、その人らの机まで行ってpcにべたべた貼り付けとく。
散歩にもなる。
2011年 07月 04日 |
a0062697_2145113.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G ED / Capture NX 1.3.5


何ヶ月前のことだか忘れてしまったが、交換用ファインダースクリーンを買ってあったので、ようやっと交換してみた。E型は、水平・垂直線の数が多い方眼タイプで、まあ構図の整理の助けになるだろう。
スクリーンの押さえ用の枠は、それ用の突起を引くとすぐ開いた。しかしここからがやや難儀。
スクリーンが収まるスペースは、中心精度を出す関係もあり、スクリーンとのすき間はほとんどないものの、どこかに圧入ポイントがあるわけではなく、枠を開けば一緒に外れてくるはず。それが(慎重なやり方では)どうしても外れない。

これは固着してしまっているということだな。a0062697_2144190.jpg

説明書が入っていないので、あとは自分なりにやるしかないか。
とりあえず、祭りかなんかでムスコがゲットした鉄砲の弾(と言うか先っちょが吸盤になった矢を筒先に入れてバネで発射するやつ)を利用してみる。吸盤でスクリーンをひっつけて外してやろうという目論見。
しかし、吸盤の材質が悪いためか、やんわりひっつけてもくっつかない。それなりにビタンッと強く押し付ければくっつくんだろうけど、さすがに怖くて無理だ。

仕方なく、精密ドライバーを使って端を引っ掛けて外し、無事交換完了。ついでにファインダー内のゴミも取っておく。
それは良かったのだが、外したスクリーンにちらっと傷をつけてしまった。
こう、手先が器用な気でいたが、なんとも不器用なこったとまじめに凹んだ。

[使用した感想]
交換した当初から違和感なし。薄くて細いんですね、線が。
で、シャシン撮っててても、交換したのを忘れてしまっていた・・・
死蔵
2011年 04月 17日 |
a0062697_17371086.jpg
Nikon D80 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED / Capture NX2 2.2.6
songs



FDマウントのレンズがいくつかあるが、持っているボディは年代もののA-1だけだ。そう簡単に使うというわけにはいかない。
やはり、ちょこっと簡単にデジタルで使ってみたい。

ニコンボディにFDレンズをつけるマウントアダプターは一応出てはいる。ただし、FDマウントとニコンの相性はさすがに悪く、補正レンズをつけないと無限遠が出ない。
この組み合わせの場合、補正レンズがないアダプターだと(それが普通)、レンズの焦点距離にもよるが、数十センチとか数メートル先にしかピントがこない。
FDレンズの写りはどんなものなんだ、というのが主たる関心なのに、補正レンズを介して撮るというのは、ちと違うだろうという気がする。かといってものすごく撮影に制限がかかるのもどんなものか。

状態が良いものもあるだけに、いつか光を通してやりたいなんて思いつつ何年もたってしまった。
(すまぬ)
素直に、EFマウントのカメラにつけてあげたほうがレンズも喜ぶか。
進歩
2011年 01月 31日 |
a0062697_17511638.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX 1.3.5
songs