つる草が壁一面にはびこっている

plaster.exblog.jp
だいたいにおいて函館のシャシンです。
by plaster_er
プロフィールを見る
画像一覧
Top ;Log-in
タグ:MEDETAI ( 13 ) タグの人気記事
|
|
2010年 11月 29日 |
a0062697_22202889.jpg
Nikon D3 / AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED / Capture NX2 2.2.5
songs


ふう

後々のためにメモっておく。
引越し代35k、現状回復費52k、ストーブ代14k、レンズ修理代36k、FF取り付け費20k、テレビ台50k、キャビネット52k、ソファ59k、HDD18K、PS328k、照明18k、CD/USBプレーヤー36k、カバー敷物関係18k、宅内LAN12K、雑材26kくらい・・・
大散財。

ソファなんて買っちまったら、こう何と言うか、根が生えた、って感じがして嫌なものだな。
基本、床でいいじゃないかと。なんか、学生とかの一人暮らしの延長のような気がして、なにかそれだけで身軽であるかのような気が。

レンズは、落としてしまった。不覚・・・
PS3は、これはプレーヤーの代わり。ソフトは買ってない。何か、いいものあるんですかね。
HDDとか、これは引越しと関係ないんだけど、いわゆる混ぜ込みというやつで。

完全に金銭感覚壊れた!
2010年 02月 09日 |
a0062697_0205951.jpg
Nikon D50 / TAMRON SP AF 90mm F2.8


外部からTELあり。殺すぞ、と言われる。あちゃ~、名前言っちゃったよ。
どこかに電話して、無下に扱われた後、電話帳をめくって、たまたま一番最初に載っていた我が社にかけてきたようだ。要するになんの関係もない苦情みたいな内容だ。しかし苦情というのは奥が深い。
日本のどこかで××死のニュースが報じられると、責任をとって何故か殺されなければならないというのだからたまらない。
Schizo×××nieか何かなんだろうか。

さて。
世の中に護身術というものがある。刃物、たとえば包丁をお持ちになった方がこっちに向かってきたらどうするか。
普通は絶対逃げるものだし、そうした方がいい。しかしワタシが教えられているそれは「逃げる」という選択肢がない。「かわす」ならあるんだけど。

包丁をお持ちの方がワタシのお腹をブスっと刺そうする。持ち手はまあ右手だろう。外部の方なので、場所はそこらへんの道で、ということになるのかな。
包丁がお腹に向かってきたら、ワタシは左足からなんと一歩前に踏み出して、相手のやや右に位置しようとしながら左手でわき腹に当身を一発、さらに右足を引き寄せつつさらに左足で踏み込んで体を相手の側面より向こう(やや後ろ)まで進出して左腕で首を裸締めにしながら完全に後ろを取って首の力で相手の頭を押し付けて固定しつつ、腰をやや落として歩を相手の体から充分に離し相手をのけぞらせるような体勢に持ち込んで制する、というのが決まりだ。

書けば長いが、体が覚えているのですぐできる。ただ、現実に刺されようとしているのに一歩前に踏み込んで打撃、というのはニンゲンの性質をスバラシク無視した動きだ。実際にそういうシチュエーションになったことがないのだけど、こういう物騒なことがあるとつい頭の中であれこれとシュミレートしてしまう。刃物に対して距離をつめて動きを窮屈にするというのは実は一応合理的である。だけど、場数を踏まないとツライだろうし、踏んでるうちにえらいことにならないとも限らない。っていうか踏みたくない。

たぶん、距離があるならまずは上着を脱いで盾にするだろう。
意外と下に転がって後ろに回るというのはどうなんだろう。
うーんやっぱり逃げたいな。
脅しているだけなのか、本気の殺意なのか、だとしたら冷静なのか、パニックっぽいのか、よおく観察しなきゃならない。
そもそも、知らない間にブスリってこともあるから護身術なんて関係ないのかもしれないなあ。
ブスリ、じゃなくて水平に振り回して切りつけるような攻撃の場合は・・・ええと、習ってないじゃないか。
やだよなー、目が冴えてきた。
2010年 01月 22日 |
a0062697_15523888.jpg
Nikon D3 / AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
Congratulations on three livings! for http://ringotokyo.exblog.jp/

Music PE'Z - 人が夢を見るといふ事 -Black skyline- (vocal remix)

2010年 01月 05日 |
a0062697_23245885.jpg
Nikon D80 / Ai AF Nikkor 35mm F2D

ニコンのRAW現像ソフトがver2.2.4にバージョンアップしてました。
このソフト、機能はすばらしいものがあると思うのですが、その動作が情けないほどにワタシのPCではよろしくありませんでした。
それが今回のバージョンで、ついに落ちることが(ほぼ)なくなり、気のせいか動作も(やや)軽くなったような気がします。
これは久しぶりに、断然MEDETAIことです。

ところで、ピクチャーコントロールというのは、そもそもCMOSセンサー機用に特化された機能だというハナシがありますが、これってほんとうでしょうか。
確かにCCDセンサー機にNX上ピクチャーコントロールを適用すると(ちょっと)とんでもない仕上がりになるというのは感じていたところではありますが。
2009年 11月 10日 |
a0062697_23421772.jpg
Nikon D50 / Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D

外部の機関が入って、いわゆる監査のようなものを受けている。隅から隅まで調べられ、いちゃもんをつけていただき、有難くご指摘いただくという行事である。
この、ご指摘というのにも種類があって、もらうと大変面倒な「改善指摘」と、いちゃもんの付けようのない「指摘なし」、これはまぁなかなかよくやってるじゃないのという「良好指摘」の3種類がある。

担当のヒトは、まったく横柄である。エライからかな。ジブンの仕事については、良好指摘を一つ頂戴し、良い出だし。
しかし、一つ落とし穴があった。

ジブンの使っているPCの前に一緒に移動する。
 「はいログオフして」
 は。
Ctrl+Alt+Deleatからログオフをかける。
 「はいログインして」
 は・・・。 (・o・) はっ・・・し、しまったぁー。パスワードの文字数は8文字っう決まりだったっけえー!!! ・・・ジブンは5文字・・・)
カタカタ UKtsc478 ・・・[パスワードが違います]
カタカタ UKtsc478 ・・・[パスワードが違います]
無駄な抵抗をするのはあきらめて カタカタ UKtsc ・・・パパーンと起動音♪
 「5文字じゃん。8文字って決まってるでしょ!うん!ぬん!かん!ぬん!」
 は・・・(-_-)。

なんでこんなことで指摘もらっちゃうのかな、と大いに凹む日でした。
2009年 10月 31日 |
a0062697_23585663.jpg
Nikon D3 / Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50


「赤毛のアン」で、普段からやたらと赤毛を気にしているアンが、髪染めを買って染めたらそれが粗悪品で、髪が緑色になってしまったというエピソードがある。
悲嘆にくれるアンに、マリラはぽそっと「見目より心」と、追い討ちをかけるように言う。

そんなことをやや思い出しつつも、髪を染めた。
けっして、オシャレに茶色くしてみましたとか、金色にしてみましたというわけではない。
単なる白髪染め。白髪だ、白髪が目立つのだ。
実は以前にも一度やってみたことがある(SOMEL--age37(笑) The first)。後で聞いてみたが、このときの作戦は、結局(職場などの)誰もそうとは気づかなかったようだ。
これは別に遠慮して、実は急に髪が真っ黒になったのでギョッとしたが、気を遣って気がつかないふりをして言ったのではない。そういう世間並みの気遣いとは無縁なヒトがそう言ったので、たぶんその通りなんだろう。

ということは・・・
意味がないということなんだろうなやっぱり。
しかも今回は、5回に分けて徐々に白髪を染めるという手の込んだ作戦を打ち出した(?)花王の新製品・サクセス STEPCOLORだ。

参考
〔使用者の声 51歳 埼玉県〕
使い始めてから2週間ほどたった頃、下の娘から「ちょっとお父さんお茶しにいこうよ!」と誘われました。何か魂胆があるのかなと疑ったりもしましたが(笑)、一緒に歩いても恥ずかしくないんだな、と思えることは嬉しいことですよね。この状態をキープするためにも、使い続けていこうと思っています。


・・・何か考えさせられる。
2009年 08月 18日 |
a0062697_10505854.jpg
行ってきました。

函館に来るのは1992年以来だったとのことです。
開演前にジブンより前の席に座っている人を目視したところ、男性は26パーセント。若い女性が多くておどろいた。
ステージの上にピアノが一台。
ピアノの上に譜面がどばっとあって、どれにしよーかなとその場で選んでいくという進行。
CDや動画サイトなどで見られる歌い方とはどれも全然違う。

4曲目くらいの

ひとりぼっちはやめた

で、じんわりきてしまった。
途中の休憩時間がなく、そのまま一気に最後まで続いたので助かった。

きよしちゃん
Night Train Home
ROSE GARDEN 

浴びました・・・

2009年 08月 02日 |
a0062697_1641075.jpg
明日から夏休み。札幌とその周辺で4泊してきます。


More
2009年 07月 23日 |
a0062697_2133235.jpg
前歯の横の歯が折れたというハナシはしたっけな?
1ヶ月かそこら放置していたけれど、ついに歯医者に行ってきた。
それまでは、ニッと口を開くと、歯抜け、だったのだ。
まったくもって間抜け顔で、知性的な雰囲気が台無しであーる(?)。

歯医者は、高校生以来だ。そんな昔に行ったきり、今の今まで歯の健康を保ってきた、ということではない。
怖いから行かなかっただけだ。
今日歯医者に行ったのも、ツマが勝手(?)に予約を入れてしまったからだ。
ワタシの最大の危惧は、「戦線を拡大される」ことにある。
あ、ここも治さないと、アレ、ここも悪いですよ、とどんどん治療することになって、際限なく歯医者通いが続くのではないかと怖れるのだ。
とりあえず前歯の横の歯(今調べたら、上顎側切歯、というらしい)がなんとかなれば、とっとと離脱したい。

久しぶりの歯医者に行く。
機械や照明が一緒になったユニットは、ミルクホワイトやウォームグレーの明るい色になっている。椅子(ベット?)はパンプキンイエローだ。うがい用の給水ユニットは陶器だった。紙コップは、クマさんのイラストがプリントされていた。くすんだ浅葱色とかギラっとしたステンレスとか、ハードなものはまったくない。ちょっと安心。

ただ、ドリルは昔と変わらん。真面目にギラッと金属だ。アームテーブルの上のそれを見てみると、SWISS MADE と書いてある。刃物はやっぱりスイスなのかい。
キュイーンとかバキュームのズゴズゴ音も同じだ。結局は痛くなかったけど、いつズギッって来るか気が気でなく、身構えてしまう。ちょっとした力の加わり方や、ドリルの刃先を変えたときとか、びくっと体が反応したり、顔をしかめてしまう。いたくもないんだけど。隙を見て、紙コップのクマさんをジブンの方に向け、気力を保つ。
終わった後に、体がガキガキになっていた。硬くなっていたんだろう。ぎゅーと手首を握っていたせいか、軽く握力がなくなっていた。

ぎゅイーんとやっていただいている際に、思い出さなくてもいいことを思い出してしまった。
ぎゅイーんってやってる際の、我が舌の位置について
普通、邪魔にならないようにちょっと避けておくんだろうけど、どうしても何か自分がとち狂って、ドリルのとこに舌を持って行きそうになるのだ。一度そうおもったら、今にもドリルを舌で触ろうとするのではないかという観念から逃れられず、舌は挙動不審となり、内的葛藤から汗まで出てくる。
つらいよなぁ歯医者って。

それに今日は何の因果かAnthrさんのブログ(Drip Dry Eyes)の記事を思い出してしまい、「突然ニヤける」という症状も多発し、ほとほと難儀をした。

問診して、レントゲン撮って、歯を削って、ボーリングして、歯ぐきを削いで、技工士さんがすぐ仮歯を作ってくれて(これがまるで完成品のような出来)、たった1030円だった。仮歯の色もどういうわけかなんら違和感なく他の歯と馴染んでいて、いったいどういう技術進歩があったのか驚いてしまう。しきりに感心していると、これで満足してもう来なくなると思われたのか、しっかりと次回の予約を取られた。
そういえば高校の時も、とりあえず耐え切れない痛みから脱した時点で、以後はすっぽかしたのだった。

麻酔が切れて切ないので、なんか書いてしまいました。
2009年 06月 19日 |
a0062697_22561363.jpg
祝・黄色小型俊敏乗用車導入
我入手欲車種也(我欲白車体色)
五段階手動変速操作格好良
座席憧也 左右二本出排気筒憧也

五乃沢林道封鎖於公道自動車競技我不審
方便垂私的使用憤慨

兎角・祝(願今度我同乗)